アウェー C大阪戦

C大阪 2-1 新潟
 
大阪へ行く手段をいろいろ考えたが、結局、最も安易かつ常識的な近鉄アーバンライナーにした。
  
アーバンライナーの切符とアーバンライナー(10時56分37秒に11時発の指定席を取ることができた。^ ^)
 
これだと大阪まで2時間チョット。新幹線よりは遅いが大阪南部には便利だ。

この電車には各車両の前方に掲示板があるのだが、行き先、現在地、運転席から見たそとの光景等々、いろいろ変化するのだ。ニュースが流されたり。面白い。
 
 
しかし、車内はガラ~ンとしていた。
  アーバンライナー一般車両
 
鶴橋で降り、一旦外へ出た。
鶴橋商店街なるところへ行ったが、正直、私の口に合う食物はなかった。ソウルへ行った時、食べるものに困ったことを思い出した。
  韓国料理の食材が中心の商店街
 
鶴橋からはまずJR内環状線で京橋へ行き、JR東西線とか学園都市線とかをぶらついたし、その他の「観察」をし、ブログネタをあさった。
これで、ブログがこれ以外に2題分ストックできた。
(ですから、ここには写真は使いません。)
 
最後はJR阪和線で鶴ヶ丘へ行った。この電車を見た時、京浜東北線へ来たのかと思った。しかし、内部の扇風機はその先入観を払拭してくれた。
   天井で回る扇風機。私は扇風機嫌い。
 景品東北線を思わせる102系
 
JR鶴ヶ丘駅は完全にセレッソ色に染まっていた。鶴ヶ丘からキンチョウスタジアムまで、私の足で3~4分。超便利だ。ホームだと3分で行ける。アウェーだと1分弱、余分にかかる。
  清掃職員のキャップも桜色だ。
 
初めてのキンチョウスタジアムで少々緊張した。選手も緊張したのか、動きがイマイチだった。
 
 
東口はよくセーブしていたし、ロングフィードも素晴らしかった。
奪われたゴールは東口のせいではないね。
 
ウチの得点は最初明堂と掲示されたが、どうも大島だったらしい。なんとか引き分けはいけると思ったのだが・・・
 
タイムアップ後は人混みを例によってダッシュで駆け抜け、18時01分の列車に飛び乗った。そして、18時26分鶴橋発のアーバンライナーで帰ってきた。
 
次節こそ勝ち点3を取ろう。
マルシオはそろそろ復帰かな?
 
応援の皆さんお疲れさまでした。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。