アウェー 浦和戦

浦和 2-0 新潟
 
チケットは買っておいたのだが都合で埼スタへ行けなくなった私は岡崎の「民家」でスカパー参戦した。東海サポ総勢5名。
キックオフ前ごろのこの地方は暖かいというより暑いくらいだった。
 
前半、アルビが攻勢に出て、惜しい場面を何回か作っていた。
あまりにも浦和寄りの解説に辟易としながらも、アルビのゴールを待った。
しかし、なかなかゴールネットを揺らせない。ヨンチョルが一人で何とかしようとする場面も多く見られ、後半の疲労が心配された。
 
前半アディショナルタイムに試合は動いた。確かに動いた。
柏木のゴールは見事というほかなかった。強いて言えば、柏木に余裕を与えてしまったのがまずかった。
「終了間際が危ないんだよな。」
誰ともなくつぶやいた一言だったが現実になってしまった。
 
後半にもよく攻め入ったアルビだったが、追加点を奪われると、もうそれを取り返す力は残っていなかった。足が止まったのはアルビだった。
 
勝てない。特に浦和には得点すらできない。
 
やはりマルシオの穴は大きいのか?
 
次節もアウェーの試合ではあるが、マルシオミシェウの復帰はあるだろうか?
 
ヨンチョル高徳の個の力だけで勝つことはできない。
とにかく、選手一丸となって10月2日はセレッソを打ち砕こう。
 
応援の皆さん、お疲れさまでした。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。