なごやんの続・鉄道日記(3) 福北ゆたか線

久しぶりに続・鉄道日記です。
今日は第3回。 
と言っても、あまり内容はありませんが・・・
 
先日、福岡出張の帰り、博多駅でブラブラしてきました。
新幹線に乗る前に在来線ホーム巡りをしただけのことですが、JR九州はいろいろな車種を使っていて楽しめます。
かもめ、有明などはまた別の機会に譲り、続・鉄道日記第3回は鉄道日記第4回のまさに続編です。
 
福岡県でも特に北九州と福岡を最短距離ではなく、最長距離とも思える経路でつないでいる路線があります。福北ゆたか線で、北九州市の黒崎駅と福岡市の博多駅を結ぶのですが、黒崎から折尾までは鹿児島本線です。折尾から筑豊本線に入り桂川からは篠栗線へ入って吉塚までがこの線で、そこから一駅、博多まではまた鹿児島本線です。
福北ゆたか線には気動車、電車が走っていますが、単線区間が多いため、スピードアップと列車増発は困難です。一部の車両はワンマンです。
787系の特急「かいおう」が直方-博多間に朝夕2往復出ています。
  鹿児島本線 筑豊本線 篠栗線
 3線連結の福北ゆたか線
 
  ワンマン仕様の817系
 
博多駅にはこんな機関車もありました。
  博多駅停車中のジーゼル機関車DE10
ディー・イー・テンと言ったら、「専門用語で デー・イー・トー と呼ぶんです」と、元国鉄マンの職員が教えてくれました。
衣浦臨海鉄道のKE65の兄弟分みたいなものですね。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。