Monthly Archives: 8月 2010

アウェー 横浜FM戦

横浜FM 3-0 新潟
 
どうしても避けられない用事があり、ネット応援もできなかった。
後でJ’sGOAL等を見ると完封負けだった。
 
鉄壁の守備はどうした?
 
まあ、昨年、PJがいなくなった当初も苦戦したけど、新システムに馴染めばまた取り返せると思うが。
来週、Aマッチデーのため試合がないのが救いだ。
次節まで十分調整し、勝ち点3を取ろう!
 
応援の皆さん、お疲れさまでした。
祝勝会にならず残念でしたが、明日、仕事の人もいると思います。
飲み過ぎないようにしましょう。

貴章、SC フライブルクと契約 ! #22

今が時、今がチャンス
 
黒い森に響き渡れ
 
Kisho Yano !!!

ホーム 川崎戦

新潟 2-1 川崎
 
今日は所用のためネットすらみられなかった。
しかし携帯で経過、結果を知った。
 
ヨンチョル、本当にノリノリだ。
川崎を撃破。
 
試合内容はこれからゆっくりチェックするとして、とりあえず乾杯しよっと。
 
応援の皆さんお疲れさまでした。

ホーム 清水戦

新潟 4-1 清水
 
なんとか19時ギリギリに帰宅した私はとりあえずネットをつけた。
立ち上がり、両チーム様子ながめか。
 
今回はミシェウが先発、ジョン・パウロは早速ベンチ入りだ。
ん、清水はヨンセンがベンチ入りもしていないな。
 
前半、ちょっと進んだところ、ミシェウ、枠を外さんでくれ。久しぶりにゴールしろ。
 
そして、マルシオだ~~~~~~~!!!!!
 
 
なんとFKからだ! 凄いぞマルシオ。
 
そしてヨンチョル!!!!!!!
 
 
韓国代表チョ・ヨンチョルだっ!
 
後半、貴章も入れろよ。
 
そして後半4分。
  キショーーーーーーーーーーーーーー!!!
  踊る踊る、GOAL!!が踊る。
 
よーっし、いい時間帯だ。もっと取れ!
 
う~ん、なかなか追加点が・・・
でも、守ることも大切だからね。
 
そして、ジョン・パウロ投入。マルシオお疲れ。次の試合まで体力を少しでも温存ってこったな。
 
ミシェウ、お疲れ。そして明堂。最近よく使われるなぁ。結果出せよ。
 
うーん、1点返されたか。油断するなよ。
 
でも、ヨンチョル、PKだっ!!!
 
 
さあ、あとはアディショナルタイム。
 
まあ、急がずしっかり勝とう。
 
よ~~~~っし。清水を2タテだっ!
 
 
応援の皆さんお疲れさまでした。

アウェー 山形戦

山形 1-0 新潟
 
今日はとにかく急いで帰り19時40分頃に帰宅した。ネットを入れると1点先制された直後だった。
まあ、取り返してくれるだろう。
 
すぐにハーフタイムに入り、私は入浴タイム。
 
後半、ヨンチョルに代わって明堂だ。頼むよ。
 
オオシもヘディングシュートはあうるんだがなぁ。枠を外しては・・・
 
ん、二枚目はオオシに代わってウッチー。2トップにしたの?
 
そして、ムムム・・・・  最後まで決められずか。
 
不敗がいつまでも続くとは思わなかったが、何も山形に負けなくても。
 
現地応援の皆さん、お疲れさまでした。
ヤケ酒のんで運転しないように。

京都の夏

 
京都はなぜか私にとって敷居の高い土地どすぇ。スタジアム以外はいつもかしこまって京都詣でをしているような気分になるのです。
8月7日(土)、アルビレックス新潟が京都サンガFCに対し西京極で初勝利をあげたその日、試合前のひと時を京都市内で過ごしました。と言っても単に観光旅行ですが。^ ^
 
名古屋を出たのは8時過ぎでした。使う切符はもちろん青春18きっぷです。
名古屋(0809)--[新快速]--(0915)米原(0920)--[新快速]--(1013)京都
 
朝食は2日前にデパ地下で買っておいたサンドウィッチで、米原へ着く少し前に食べました。正味期限切れですが、食べて何ともなかったので大丈夫だったようです。(結果論)
 
今回の京都はいつものような美術館ではなく これ です。ここは京都ですので、たまには京文化の元祖 み・た・い・な 場所を訪れるのもいいでしょう。そして地下鉄で向かうは・・・
  ジャーン、丸太町。目的地は平安女学院大学。女子大ですよ、女子大!
 
聖アグネス教会はアングリカン・チャーチだそうな。そして、何やら人の姿。
   タテカンと案内係のお姉様(?)
 
実は、この日はオープンキャンパスでした。あっ、でも私は決してこれに来たわけではないんです。
  別にこの日を狙ったわけではないんですけどね。試合と重なっただけです。
 
本当の目的地はここ、有栖館。平安女学院が所有する有栖川宮(ありすがわのみや)の旧邸です。(写真撮影許可済み。)
  
 門にはちゃんと「平安女学院大学」と書いてあります。     貴いお方の一室
 
  
 整備された中庭は優雅な漂いをかもし出します。外の庭にある2本のシダレ桜(矢印)から塀の外に張り出した葉はあたかも1本の木から出たように見えます。
 
次に通りを挟んだ京都御苑に入り、旧九條家別邸の拾翠亭へ行きました。今や名古屋ででも見られるナガサキアゲハが京都御苑にもいるそうです。幼虫の写真もあるので既に棲息しているのでしょう。御苑には棲息が局地的であるクロコノマチョウも見られるそうですし、ウスイロコノマチョウの記録もあるそうです。
モリアオガエルが生き、カワセミが飛ぶ優雅な庭です。
拾翠亭へはこの中を散策しながら行きました。茶室が有名なこの別邸は金、土のみ公開されます。
   拾翠亭
 京都御苑の門                            
 
茶室の前の庭では百日紅(サルスベリ)の花が咲き誇っていました。 
   庭の石灯籠の中ではズボラな猫が寝そべっていました。
 
ここから少し北へ移動し、相国寺へも行きました。ここでは内部の写真撮影は禁止です。相国寺の瑞春院水上勉の小説「雁の寺」の舞台となった場所ですが、水上勉が小さい頃襖絵を見て雁だと思っていたのは実はクジャクで、雁の絵はその奧の部屋の襖に描かれていました。水上勉自身はその部屋へは入ったことがなかったそうで、後で知った本人もあまりの偶然に驚いたそうです。
   相国寺瑞春院
 相国寺法堂
 
まあ、そんなこんなでとりあえず四条まで来たのですが、まだ少しだけ時間に余裕がありました。とりあえず早めの夕食を摂り、パンフレットを見たら堀川と鴨川で七夕祭りをやっているらしいので、チラッと覗くべく堀川会場まで歩いていきました。パンフレットの地図をみると二条城の外側でやっているようでした。しかし実際は城へ入らなければならず、それまでの時間的余裕もないため諦めました。
  二条城内で開催中の「京乃七夕」
 
そして、おとなしく西京極へ向かい、16時20分頃にスタジアム入りしました。応援前のウォーミングアップになりました。まあ試合の結果は楽しかったですよね。
 
そうそう、ブラブラ歩いていて、ヒョイと見つけたモーターバイク。
  新発田ナンバーです。
 
ついでにネズミ捕りにも出くわしました。こんな街の中で飛ばすなっちゅうに。^ ^
 

お盆なのだ

お盆に休む習慣のない私はいつも通りの時刻にいつも通りの地下鉄とJRで出勤した。
地下鉄もJRもガラガラというわけではなかったが、悠々と座ることができた。首都圏ならこの程度でもガラガラと言うんだろうな。
いつものように仕事をし、いつものように帰った。
 
途中、デパ地下へ寄ると、そこはまさにガラガラだった。
某大企業が休みになると、その子会社、孫会社、曾孫会社も休みになるため街にはどこも行くところのない人々しかいなくなる。
 
デパ地下では日本語より中国語の方が耳についた。
 
いつもの総菜屋さんでもいつものように終業前の3パック525円セールをやっていた。
私はいつものようにその店へ行くと、「そっちのパックも1つ持って行っていいよ。」と1パック525円の方を指してくれた。おっ、やったね。
ということで、いつもの368円のぜんまい煮2パックに加え525円のカレイのあんかけ1パックを買った。合計1,261円分だ。
賞味期限は8月10日。得した気分だった。
  ぜんまい料理は自分ではなかなかできないのでよく買うのだ。^ ^
 
別のデパ地下ではこんなものを買った。本体価格が270円なので(270-150)×1.05=126(円) 賞味期限は8月9日。
  150円引の中で一番小さいヤツ
 
今日は飲もうかどうしようか。平日だからまあやめとこか。いや、飲みたい・・・

アウェー 京都戦

京都 0-2 新潟
 
この季節、京都へ行く手段として青春18きっぷしか思い浮かばない私はやはり青春18きっぷで行った。
名古屋(0809)--[新快速]--(0915)米原(0920)--[新快速]--(1013)京都
 
いつもは朝早い電車で行き、美術館へ寄るのだが、今日は少しゆっくり、そして京都では今公開中の重要文化財巡りをした。
これについては後日改めて書くことにしよう。
  いつもの阪急西京極駅
 
さて、サンガ戦だが、なにしろこれまで西京極では勝ったことがないとあって、今日は是が非でも勝利がほしい。
  キックオフ前のボード。勝利のボードを撮る余裕はなかった。
 
  この日はメインのアウェー側にもたくさんのダンマクが掲出された。
 (ブログ掲載に支障のある方はコメント又はメッセージでお知らせください。)
 
で、結果は既知の通り。
 
前半は相手陣営へ攻め、アウェーゴール裏からはなかなか選手の動きがわからなかった。
チョ・ヨンチョルのゴールも正式に発表されるまで誰だかわからなかった。第一、西京極のアナウンスはJ’sGOALのライブ並に遅いし。
 
後半はウチの陣営が攻め込まれ、結果として前半も後半も眼前でアルビ戦士が活躍する場面が少なかった。
後半、マルシオ・リシャルデスのCKからは直接決まったのかと思った。
だって、ウチの選手、パラパラとしか入っていなくて、あとは京都の選手ばかりだから、直接決まったと思うわさ。
そうしたらオウンゴールだって。あれをオウンゴールと言うのか? 野球で言えば、セカンドのエラーではなくセカンド強襲のヒットというようなもんだと思うが。
 
まあ、それでも勝利はいいもんだ。
帰りも全力疾走したら予定より30分早く帰宅できた。改めて私の脚長と脚力に感激した。(爆)
こんな感じだった。
西京極(2000)—<阪急京都本線>—(2006)烏丸=四条(2010)—<京都市営地下鉄>—(2013)京都(2030)--[新快速]--(2123)米原(2125)--[新快速]--(2226)名古屋
 
さて、これから夕飯にするか。
 
応援のみなさん、お疲れさまでした。

なごやんの続・鉄道日記(2)~衣浦臨海鉄道

なごやんの鉄道日記(17)JR武豊線が愛知県最古の鉄道路線であることを書きましたが、その武豊線に接続するユニークな路線が愛知県にあります。
衣浦臨海鉄道です。
 
この鉄道はものつくりで生きる知多半島の工場でできた製品を各地へ輸送することや、原料を移入することを目的とし、1975年、愛知県、国鉄(当時)、衣浦湾沿岸4市による第三セクターの貨物鉄道として営業が開始されました。
その後は産業の伸び悩みもあり、必ずしも大きな役割を果たしているとは言えませんが、今も立派に活動しています。
衣浦臨海鉄道には碧南線半田線があり、前者は碧南市駅から境川(尾張と三河の境になっている川)がが注ぐ知多湾を横切り武豊線東浦駅まで来ます。また、半田線は半田埠頭駅から約3km西南西へ向かい、やはり武豊線東成岩駅へ入ります。
 
 
 主力機関車は気動車のKE65です。
  
 KE65                        二重連のKE65
 
武豊線に入った列車はそのまま武豊線東海道本線の交わる大府駅まで荷物を運びます。
 
 セメントを牽引し大府駅に入った衣浦臨海鉄道(左はEF210=桃太郎) 奧を走るのは東海道本線、豊橋発岐阜行きの普通電車(211系)
 
そこでJR貨物にバトンタッチされた物資は全国へ運搬されます。牽引するのは電気機関車のEF65、EF66、EF210などです。

  衣浦臨海鉄道からバトンタッチされてセメントを運ぶEF66

 
武豊線は東海道本線から知多半島へチョコンとくっついたような路線ですが、この地方の産業にとって果たす役割は小さくありません。

ばらが咲いた ばらが咲いた

ピンクのバラが。
ベランダが少し明るくなった。
 
4月24日、広島戦をスカパー応援するために岡崎へ行った時、2鉢500円で買ったミニバラ。
鮮やかなピンクのバラだった。
ズボラな私はとにかく枯れないように水やりだけしていた。いや、正確に言えば一度だけリン成分の肥料をやった。
そんなバラは5月下旬に一旦落花落葉した。まあ、このままだろうと思っていたら7月下旬にまた咲き出した。
  
5月上旬          5月下旬                       7月下旬
 
以前と比べれば、ナンというか、色あせた感じだが。
もうちょっと大切にしてやるか。