なごやんの続・鉄道日記(1)~無効印

2009年6月、分冊百科「歴史でめぐる鉄道全路線」の発行に追随する形でなごやんの鉄道日記を書き始め、原則として毎週火曜日にアップしてきました。そのシリーズは50回で終わりましたが、記事を書くにあたり昔の資料を繙くと、なかなか面白い発見もありました。
これから、不規則ですが、そんな中から興味あると思われるテーマで少しずつ書いていきたいと思います。題して「なごやんの続・鉄道日記」です。
新鉄道日記にしようか、続鉄道日記にしようか迷いましたが、話題が旧国鉄JR関連なので、続・・・にしました。新・・・はまた別途考えます。
 
今回は無効印についてです。
 
鉄道の切符は降車時に回収されることになっていて、今は殆どの駅で自動改札機が設置され、そこを通ることにより切符を手許に残さず駅を出ることになります。
昔は改札口は全て有人で、場合によってはそこをすり抜け、従って切符を駅員に渡さずに出ることも稀にはできました。私はそんな風にして切符を手許に残したものです。
もちろん、キセルをしたわけではありませんので、「もしもし」と呼び止められ切符の提示を求められれば、お願いして無効印を押してもらった上頂戴してきました。時には「いいよ。」と言って、そのまま渡してくれる駅員さんもいました。
また、気の利いた駅員さんは切符の裏に押してくれたりもしました。
そんな時代もあったのです。
  「札幌はもう来る機会がないから。」と言って、裏に無効印を押してもらいました。

 
今は職場によっては出張旅費請求時の証拠書類として使用済み切符を提出させられるところもあるようですので、有人改札口を通る人もそこそこいるのではないかと思われます。もちろん、青春18きっぷは有人改札ですね。
 
その無効印を見てみるとなかなか面白いものです。特に国鉄が分割民営化された後はそれぞれの会社の特徴が出ています。
と言っても、JR東日本、東海、西日本のものしかないのですが。
写真は是非クリックし、してください。
 
1.昔ながらの無効印
 国鉄時代と同じパターンの無効印で、まあ、最もオーソドックスと言えるでしょう。JR東日本、JR東海の大部分がこのパターンです。「無効」と駅名が示されています。
  国鉄時代の無効印
  同じパターンの一般型無効印
 
2.所属が示してある無効印
基本パターンではあるのですが、例えば東京駅で新幹線口から直接出る時は新幹線がJR東海の所属であるため(海)と書かれています。在来線から出ると、そこはJR東日本の管轄ですので、(東)と書かれます。在来線、新幹線で管轄会社が異なる場合、同じようなことがおきます。JR西日本とJR東海でも同じことです。
また似たような表示として、同じ名前の駅に対しては所属路線が追加されます。下の写真で言えば、(中)金山は中央本線の金山駅という意味です。根室本線の金山と区別するためです。
  上段はJR東日本の東京駅の無効印、下段はいずれもJR東海の駅の無効印。
 (東)東京、(中)金山、(海)新大阪、(海)新横浜、(海)東京
 
3.全く面白くないJR西日本の無効印
JR西日本の無効印は全駅統一です。駅の名前すらありません。上段に「乗車記念」、下段に「使用済」です。
駅名がないことから、もらった客はどの駅で降りたのか記録が残りませんが、会社としては恐らくこの方が安価に作成できるのだと思います。さすが合理化路線のJR西日本です。新幹線では新大阪から博多まで同じ印です。
  JR西日本の超ワンパターン無効印
 
ですから、例えば新大阪駅では、もし新幹線出口から出れば(海)新大阪の印が押されますが、在来線側から出れば単に乗車記念/使用済です。記念と言われてもねぇ。
  新大阪駅の無効印2種。左がJR東海(新幹線)、右がJR西日本(東海道本線)
 
4.ちょっと変わった無効印
中には基本パターンから外れた無効印を持っている駅もあります。ただし、JR西日本にはなさそうです。なにしろ全駅共通ですから。
 
1)お礼文入り無効印
東北本線宇都宮駅の無効印です。わざわざこんな文が書いてありますから、宇都宮では自動改札を通らず、有人改札口で無効印を押してもらいましょう。
  「ありがとうございました」ですって。
 
2)堂々たる無効印
大きく本券使用済と書いてあります。東京出張の際、山手線の恵比寿駅で押してもらいました。新幹線の下車駅は品川になっています。
   券 使 用 済(読めますか?)
 
3)図案入り無効印
 写真は東海道新幹線小田原駅の無効印でN700系新幹線の図案が入っています。上には大きく N700 と書いてあります。よくご覧ください。
  平塚へ行く時、敢えて小田原で下車し、改札を出ました。その時の無効印です。N700小田原駅JR東海使用済と印字されています。
 
まあ、「だからなあに」ってなもんですが、たかが無効印であっても色々調べると面白いものです。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。