なごやんの鉄道日記(49)

ワールドカップのグループ予選は第2試合まで終り、今日から最終戦です。グループAの試合は日本時間23時キックオフです。
南アフリカには、ドサクサ紛れに欧州予選をくぐり抜けてきた、従って本戦出場には相応しくないフランスを大量得点で退け、上位2チームの結果によっては予選突破を果たしてほしいと思いますし、その方が大会自体も盛り上がると思います。
6月23日追記:南アフリカ、残念でした。でもフランスに鉄槌を下したのは見事でした。)
さて、在来線は前回で終了し、今回と次回、最終回は新幹線です。今回はその1、 です。
まあ、新幹線はファンも多いことですし、新幹線の話はともかく、ちょこっと昔話です。
 
【東海道新幹線】
 
♪弥彦の山から輝きくだる 燃え立つ聖火に気もはずむ・・・
  国体の記念切手と記念消印
 
1964年6月6日から11日まで。新潟では第19回国民体育大会春期大会が開催されました。しかし、その国体が終わってわずか5日後の6月16日、新潟は地震に見舞われました。
昭和大橋は敢えなくく崩落し、八千代橋が破壊される中、萬代橋がなんとか踏ん張りました。8月に予定されていた夏期国体はこの年中止されました。
————————–
本当はここに「新潟地震の記録」
(新潟日報社1964年発行)の
写真が入る予定でしたが、現在
現物が行方不明です。発見し次第
写真を挿入します。
————————– 
この年、新潟県にとっては記録にも記憶にも残る年となりました。
 
♪この日のために磨いたわざと この日のためにきたえた体・・・
 
一方、日本国内は高度経済成長のまっただ中。そして10月10日、アジアで初めて東京でオリンピックが開かれました。日本に届けられた聖火は札幌と当時まだ米国領だった沖縄に分割され、さらにそれぞれが2分割されて4つのコースで日本の全都道府県を通り東京代々木のオリンピックスタジアムに届けられたのです。
 
 
オリンピック記念切手シート
 
 聖火リレーのコースが描かれたポスターの一部           聖火を運んだトーチ
 
この時代、トーチは今のようなデザイン豊かなものではなく、全くシンプルなものでした。山形県から新潟県に入った聖火が新発田市から国道7号線(現、県道3号線)を経て新潟市を通ったのは10月1日のことでした。そして、同じ日に開業したのが東海道新幹線でした。もちろん、オリンピックのために敷かれた路線です。
 
  
日本人の夢を乗せ、東京-新大阪をわずか4時間で駆け抜けた0系新幹線
 
私が新幹線を頻繁に使うようになったのは社会へ出てからのことです。
 
   
それでもやっぱり自由席
名古屋までひかりで来て名古屋-岐阜羽島をこだまに乗り換えるには、名古屋までの特急券と名古屋-岐阜羽島の特急券が必要でした。
 
新幹線車両の修理、整備は東海旅客鉄道(JR東海)浜松工場で行われます。ここで毎年夏に開催されるのは新幹線なるほど発見デーで、子供たちに大人気です。(もちろん、大人にも面白いのですが。)今年は7月24、25日です。24日は東京出張だなぁ、多分。
  
浜松工場 
 
【山陽新幹線】
 
ひかりは西へ
 
東海道新幹線開通から8年後の1972年3月、新幹線は新大阪から岡山まで伸び、山陽新幹線が開業しました。1972年は鉄道100年という記念すべき年でもありました。
 
  
 
 
1972年3月の時刻表の付録です。本体は昨年3月、引っ越しに伴い廃棄しました。
 
この時代の新幹線ひかりは東京-名古屋ノンストップで、その他、京都、新大阪には全車両停車しました。新大阪から先は岡山までノンストップ、新神戸、姫路停車、各駅停車と3種類ありました。
 
ひかりライン
 
そして新幹線はさらに西に延び、1975年3月にはついに九州へ上陸しました。
 
  
博多まで延長した当時の京都駅発着新幹線ミニ時刻表
 
♪瞳の炎は勝利のしるし 朝焼け空にほほえみますか・・・ビジネスマン、ビジネスマン、ジャパニーズビジネスマン
 
まさに私のために作られたようなコマーシャル・ソングでした。
若きなごやんはいつもポケットに名古屋-東京名古屋-新大阪の新幹線回数券を忍ばせていたものです。もちろん、北京、モスクワ、パリ、ニューヨーク、カイロ、ロンドン、イスタンブールをを飛び回ったわけではないのですが。24時間、戦っていました。
昼前に職場を出て新幹線で東京へ。昼食は車内。夕方に帰って仕事の続き。そのまま仮眠で気付けば朝焼け空。なんてことは日常茶飯事でした。行け行けドンドンの私にとって当時の新幹線車内は睡眠時間を補うに十分でした。正直、新幹線の便利さを有り難く感じました。
そしてまた、多くの「企業戦士」のアタッシュケースには希望がいっぱい詰まっていました。
 
今の私からはとても想像できない姿(か?)でした。
 
今は 黄色と黒  は勝利のしるしとばかり、いつものバッグに希望を乗せてスタジアムへ行きます。 (^ ^)
 
  
あんな時代こんな時代の新幹線回数券
手書きやスタンプの部分があるのは人間味があっていいですね。
 
最近在来線に回帰した私ですが、やはり何かの時に新幹線は欠かせません。特にN700系は全車両禁煙であることや乗り心地がよいことから「愛用」(笑)しています。
 
 
今を走る東海道・山陽新幹線の車両(0系、500系は引退 左上は100系レールスター@広島駅)
 
そして新幹線グッズ
  
ハマのイケメンさんの「勝ちます企画」でゲットした 景品 賞品です。
評論家の予想よりよく当たるなごやんの予言ってことで、何回か正解を出しています。全て未開封未使用です。
 
【九州新幹線】
博多駅から鹿児島中央駅、博多駅から長崎駅へ延びる予定の新幹線で、現在は新八代駅-鹿児島中央駅間が開業しています。この鹿児島ルートはいずれ全線開通となるのでしょうが、長崎ルートに関してはその存在意義そのものに疑問が持たれていることもあり、今後どうなるか未定です。
私は数年前、鹿児島出張の際、
名古屋--[東海道・山陽新幹線]--博多--[鹿児島本線(リレーつばめ)]--新八代--[九州新幹線(つばめ)]--鹿児島中央
という経路を使いました。残念ながら記録も切符も残っていません。私としたことが・・・
 
【博多南線】
高速で走るわけではありませんし、厳密な意味での新幹線ではありませんが、山陽新幹線博多駅から連続していますし、車両も新幹線のものをそのまま使っていますので、新幹線的に扱われます。九州新幹線が全線開通すると、この線の一部が使われることになるため、その部分の所属を巡ってJR西日本とJR九州との間での調整が必要でしょう。
 
次は最終回。東日本、北日本の新幹線です。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。