なごやんの鉄道日記(45)

このシリーズもそろそろ終盤です。第45回は  です。
首都圏のJR路線はいろいろ愛称が付いていてわかりにくいのですが、私たちの多くはあまり意識せずに利用していると思います。
私自身も首都圏の車両はどれも同じようだし、アコモデーションは全くよくないし、殆ど関心がありません。
ということを言い訳に、今回は相当手抜きをします。
 
  埼京線八高線武蔵野線
 
【埼京線】
山手線上の大崎から池袋までは山手線と同じコースを取り、池袋から赤羽を通って大宮に行く線です。そのうち、池袋から赤羽までの短い路線で途中板橋十条の2駅だけがある路線を赤羽線といいます。当初の予定では、この項は赤羽線でした。しかし、赤羽線は今や死語に近いのでしょう。時刻表には乗っていますが、実際のダイヤ運行上は全く使われていません。
 
【八高線】
八王子駅(東京都八王子市)から出て北上し、埼玉県を突ききり倉賀野駅(群馬県高崎市)に至ります。実際の運行では倉賀野駅のひとつ北にある高崎駅まで行きます。
 
【川越線】
埼玉県内の路線で、大宮駅(さいたま市)と高麗川駅(日高市)を結んでいます。途中、川越を通ります。
 
【武蔵野線】
鶴見駅(神奈川県横浜市)と西船橋駅(千葉県船橋市)を結ぶ、単純といえば単純、複雑に語ろうと思えば複雑な路線です。東京湾をグルーッと遠回りに回っています。ただし、鶴見から府中本町までは貨物路線になっています。
  武蔵野線は西船橋から市川塩浜へ入り、次の京葉線とつながることがあります。
 
【京葉線】
デズニーランドやフクアリへ行く路線です。東京駅のとんでもない場所を出発し、地上に出ると海を望みながら走り、蘇我駅まで行きます。フクアリができてから昨年までは毎年ここを通って蘇我へ行っていましたが、今年は使う機会がなさそうです。(天皇杯等の会場がフクアリになる場合を除く。)
 
それにしても、面白くもなんともない首都圏の路線をよくぞ日記になんぞしたものだ。感心するやらあきれるやら。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。