ホーム 横浜FM戦 & アルビL、AS狭山戦

新潟 2-1 横浜FM
新潟 L 8-0 AS狭山
 
今日は午後から用事ができたので14時少し前までサポリンでなでしこリーグ、アルビレックス新潟レディース対ASエフフェン狭山FCの経過をチェックした。
ライブ中継を行ってくれるサポーターさんがいるのはありがたい。
レディースは8得点。しかも無失点。なでしこリーグ今季最多得点、かつ最大得失点差だ。これまでの合計得点でもアルビ L がトップだ。
菅澤優衣香は4得点でゴールランキング単独トップ。上尾野辺めぐみも得点。2人ともメキシコ代表との壮行試合ではアピールしろよ。
小原由梨愛、復帰2試合目の大石沙弥香、途中出場の小山真央のゴールはまさに理想的だ。
この後行われるトップチームも見習えよ。
なんて思いながら、外出した。
 
当然遅刻。
「いやー、すみません。地下鉄~遅れたもんで。」と言うと「そりゃ、大変でしたね。」だって。
私は「地下鉄遅れた」じゃなく「地下鉄遅れた」と言ったつもりだったのだが・・・
 
まあ、それでも用事は15時40分位に終わったので、その足で栄にあるNHK文化センターへ行った。
大きなモニターテレビはいくつかあるのだが、そして、ちゃんとスピーカーもついているのだが、それらは全て「デジタル総合」、か「BSハイビジョン」で、BS-1が見られるのはずらっと並んだ無声モニターのひとつ。
まあ、しゃあないと思い、立ちん坊でじっと見つめた。
 
試合はご存じの通り、アルビの勝利だ。今季ホーム初勝利というか、もう1年近くホーム勝利から遠ざかっていたので、ホームへ詰めかけたサポーターの喜び、安堵は想像を超える。
 
開始早々に1点入れられたが、前半に追い着いてくれればなんとかなると思っていた。そしてそうなった。
俊輔は少しも恐いという感じがしなかった。
 
ただ、パスのつながりは横浜の方がよかった。アルビの選手は個人のボールキープ力が明らかに劣る。もっと走り込まなきゃ。貴章ももっとしっかりボールを保持し、シュートにまで持って行けよ。
 
まあ、そうは言っても勝利に勝る結果はない。順位は現在行われている試合の結果で動きうるが、それでもチョッピリ上昇した。
 
今日、ここまでの各地の試合で日本代表(候補)の働きが前田(磐田)以外イマイチで、岡田さんはイライラしているだろう。
でも、そんなことどーでもいい
 
貴章もずーっとゴールがない。
でも、それは今、置いておこう。
 
勝ったことを素直に喜ぼう。
 
応援のみなさん、お疲れさまでした。
久しぶりのホーム祝杯ですね。
明日から仕事の人、飲み過ぎないように。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。