なごやんの鉄道日記(42)

第12回は  です。近畿地方の残り物を一挙掲載という感じです。
一部は南近畿周遊券の地図に載っていますが、今と多少ずれている線もあります。
  阪和線、和歌山線、桜井線、関西空港線
 
【阪和線】
文字通り大阪と和歌山を結んでいます。大阪の駅は天王寺駅で、和歌山は和歌山駅です。
  天王寺駅で発車を待つJR阪和線の電車
 
和歌山には和歌山城があります。
  和歌山城入場券
 
地味ではありますが、和歌山放送も存在しています。
  和歌山放送(ラジオ)の受信証
 
阪和線は平行して走る南海電鉄にその地位を奪われがちですが、私は敢えて国鉄(当時)を使いました。
  阪和線を経由していることがわかります。
 
でも、時には南海電鉄経由で「離島」へぶらっといったこともあります。
  乗船券です。
 
【和歌山線】【桜井線】
和歌山線は阪和線終点の和歌山駅と奈良県の王子駅を結んでいます。桜井線は和歌山線途中の高田駅と奈良駅を結んでいます。
上記南近畿周遊券はとても使い勝手がよく、特にブラブラ散策が好きな私に向いていました。特に桜井線沿線には史跡がたくさんあります。
これは岡寺龍蓋寺へ行った時のものです。
  
 龍蓋寺のパンフレット         葡萄唐草文 宇瓦(ぶどうからくさもん のきかわら)
 
飛鳥寺へも行きました。この辺、桜井線畝傍駅で降り、とにかく歩き回りました。アルバムにはしっかり写真が残っているのですが、日記と旅程表を残すのをサボりました。
  あすか大仏
 
【湖西線】
京都の山科駅と滋賀県長浜市の近江塩津駅を結ぶ線で、1970年代に特急等を含む列車が近畿と北陸をの間に走るようになりました。それまで、近畿地方と北陸地方の鉄道は米原から北陸本線を通っていたので、湖西線のフル稼働により近畿地方から北陸地方への時間が大幅に短縮されました。
  湖西線経由で北陸へ行く特急サンダーバード
 
琵琶湖近傍の行楽地の多くは湖西線沿いにあります。
  
 比叡プールなんていつ行ったのか、あまり印象がありません。 びわこバレイは冬、スキー場になります。
 
【関西空港線】
阪和線日根野駅から関西空港までの短い線ですが、空港へ行くための特急はるかは京阪神はもちろん、米原からも出ています。もちろん私はまだ乗ったことがありませんし、多分乗る機会は希であろうと思います。
  関空特急はるか
 
ということで、次は四国の残り線です。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。