なごやんの鉄道日記(40)

このシリーズも40回目になりました。第38回に近いローカルな  です。と言っても、このあたりの路線はいろいろな愛称が付いています。古くは京浜東北線、最近では湘南新宿ラインとか。
私自身はこのあたりをJRで移動することは珍しく、せいぜい等々力へ行く時、新横浜から菊名まで横浜線を使うくらいです。
一般に首都圏のJRはパッとしないモノが多く、「客を乗せる貨物列車」は、外国人はもちろん、日本人ですら感じることです。
  横浜線、根岸線の描かれている周遊券
 
【横須賀線】
大船(鎌倉市)と久里浜(横須賀市)を結ぶ神奈川県内の路線です。ただ、実際には大船から横浜、鶴見、西大井を通り東京に至る路線も横須賀線と呼んでいます。
私は中学校の修学旅行で鎌倉へ来た覚えはありますが、最近の実生活では縁ががありません。
  
 懐かしの修学旅行                       2009年は横須賀線120周年
 
【京浜東北・根岸線】
根岸線は横浜(横浜市)と大船(鎌倉市)を結ぶ短い路線ですが、大船から根岸線、東海道本線を通り大宮へ行く鉄道は京浜東北線と呼ばれています。
まあ、別にどうってことのない、水色ラインの入ったロングシートの冴えない箱が走っているだけですけど。
 
【横浜線】
八王子と東神奈川を結ぶ線ですが、私の利用は専ら新横浜-菊名間です。
  たまに、「みなとみらい」なんぞへ行く時には横浜まではJRです。新幹線で新横浜へ行き、そこで乗り換えていることがわかります。
 
【相模線】
茅ヶ崎(茅ヶ崎市)と橋本(相模原市)を結ぶ、神奈川県内の路線です。私は厚木へ行ったことは何回かあるのですが、多分小田急を使っているのではないかと思います。
 
来週は・・・仙石線、仙山線。近くだけど、あまり使う機会のなかった線だなぁ。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。