なごやんの鉄道日記(39)

第39回は山陽本線です。まあ、私としては宮島航路の経験がないので、山陽本線をチョットだけ。
      ↑絵は2010年6月、MSNによるメインテナンスの後、どこかへ行ってしまいました。
 
【山陽本線】
山陽新幹線新大阪から博多までですが、山陽本線はもう少し短く神戸から門司までです。
私がアルビの応援に行ける西端は兵庫県ですが、ホムスタへは三ノ宮から地下鉄に乗ることが多くなかなか山陽本線地域までは行けません。
ユニバへは新長田から神戸市営地下鉄に乗りますので、なんとか山陽本線です。
できるだけ在来線を使いたい私は、こんな切符も持っています。
  在来線で行った広島(記録がないので詳細不明)
 
山陽地方には大出力のローカル放送局がたくさんあります。ずらっと眺めてみましょう。そう、受信証です。
  始点の神戸からはラジオ関西 10KW
 
  岡山は山陽放送。10KW
 
  中国放送は広島の放送局。原爆ドームが描かれています。20KW
 
  岩国の錦帯橋を図案にした山口放送の受信証。出力5KWですから何とか聴けました。
受信証の「TNX FR UR QSL」は Thanks For Your Listening という意味です。
 
以前、出張で米子へ行ったことがあります。往きは新幹線で岡山へ行き、岡山からは伯備線経由でした。これについては第47回で触れます。今回はその復路です。
  私の記録付き思い出のアルバムです。左ページに写真や切符、右ページに記事と旅程があります。出張等、あちこち出回ることが多くなってからはまとめる余裕がなく、記録が殆ど残っていません。出張が嬉しくて仕方なかった頃もあったんです。
 
その記録によると:
6月1日(出張帰り)
米子(0730)--[特急 やくも1号]--(1010)岡山(1100)--[新幹線 ひかり21号]--(1217)広島(1420)--(快速)--(1500)岩国
  1970年代の岩国駅
 
岩国では岩国城と錦帯橋へ行きました。錦帯橋は生活のためのものと思っていましが、観光地でした。
    
   岩国城と錦帯橋の入場券                         錦帯橋を背景にした若き日のなごやん
 
 6月2日の続き
岩国(1819)--(快速)--(1900)広島(2312)--[特急 金星]--(6月2日0610)名古屋
 
岩国からは広島へ戻り、寝台特急金星で爆睡しながら名古屋へ帰りました。
   
 岩国岡山普通切符        金星特急券     583系寝台特急金星@広島駅
 
山陽本線岡山までは出張できていますが、岡山-岩国間はプライベートになるので、別途切符を買い足しています。途中の広島から金星に乗りました。
 
最近では、この地方は新幹線で通り過ぎるだけのことが多いですが新幹線ネタは第49回のために残しておきます。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。