東アジア女子選手権2010決勝大会

佐々木監督が今日(2月11日)のチャイニーズ・タイペイ戦にアルビレックス新潟レディースの菅澤優衣香を先発させることはほぼ確実と思っていた私は、予定を何も入れず、東京行きを決めていた。しかし、慣れないデスクワークの連続で日曜日(7日)に古傷の腰痛(タブン椎間板ヘルニア)に見舞われてしまい、現地応援を断念せざるを得なかった。
月曜日に腰痛を押して東京出張を強行したのも堪えた。
 
テレビ中継はないし、仕方なくネットと携帯で経過を追った。
予想通り優衣香は先発だった。FWかな?とも思っていたのだが、宮間あやの相棒、ボランチで出場だ。こりゃ、勉強になるゾ。
 
試合は岩渕真奈が2ゴール。高瀬がダメ押しし、3-0で日本が勝利した。真奈ちゃんデーの様相だった。
  岩渕真奈2ゴール目
 
優衣香は前後半、再三のシュートを放ったがゴールはならなかった。しかし、見せ場は十分作ったようだ。
 
明日のスポーツ欄は真奈ちゃんのアップだろうな。
どうせこれから行われるA代表の試合ではニュースになる内容は生まれないだろうし。
 
現地参戦の皆さん、お疲れさまでした。
このまま居残り、しょうもないA代表の試合で無駄に時間を費やし、あげくの果てに風邪をお召しになるようなことは避けましょう。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。