なごやんの鉄道日記(29)

鉄道日記第29回は私の故郷、新潟が舞台です。なにしろ、 ですから。
張り切って、鉄道日記から私のゴールデン・エイジへ乗り込みます。鉄道日記だか昆虫日記だかわからないのは悪しからず。
 
 
赤谷線があった頃の日本地図 羽越本線、米坂線、白新線、赤谷線
 
【羽越本線】
新津(新潟市)と秋田を結ぶ幹線です。この路線が開業したのは1912年のことで、新津-新発田間、信越本線の延長ということででした。その後北へ延びていっています。
日本海側を走るこの線の列車から望む日本海に沈む夕日本当に、本当に、本当に美しく、世界のどこででも自慢できます。
幼少時、この線で鼠ヶ関(山形県の新潟県境)へ海水浴に行くと、「新潟県から出た」と、ある種の優越感にかられました。
 
 
「羽越」という中距離急行が運行されたこともあります。新潟から白新線経由で酒田まで行っていました。
  
今や伝説の急行です。記録もあまりないようです。(JR東日本新潟支社のどこかには詳録があるでしょうけど。)羽越豪雨の年、復旧を祝うかのように運転されました。(1960年代半ば、新潟県下越地方は地震、豪雨等相次ぐ災害に見舞われました。加治川堤防の決壊は張り過ぎた桜の根が一因とされ、伐採の憂き目に会いました。)
 
こんな列車もありました。急行です。
  青森から秋田まで「あけぼの」(後に「きたかみ」)と一緒に走り、秋田から「しらゆき」単独で白新線経由で金沢まで行っていました。「あけぼの」、「きたかみ」は秋田から奥羽本線で仙台へ行っていました。
 
米どころをつなぐ特急「いなほ」。愛称は今も残っていますが、できた時は秋田-上野間で、キハ80系でした。1972年に電化され、485系電車で運転されました。ブルトレではなく、昼間列車で、日本海側を通り、上越本線経由で東京へ行ったのです。
  特急いなほの特急券 一般的にはメインルートである東北本線や奥羽本線を使わないのが私らしいところです。
 
【米坂線】
その名のごとく、米沢(山形県)と坂町(新潟県)を結ぶ路線です。
小さいころ、夏休みに家族でこの線を通って鷹巣温泉へ行ったことがあります。  川にかかる木製のつり橋を渡るのは幼少の私にとっては恐怖でした。今はもっと立派な橋になっているのでしょうけど。
 
【白新線】
白山(新潟市)と新発田を直接つなぐ路線として建設され、路線名もその2駅に由来しますが、結局、新潟-新発田間を白新線と呼ぶことになりました。(いきさつはやや複雑ですので、ここでは割愛します。)
新発田以北の羽越本線沿い、あるいはその近辺にある市町村から県都新潟へ行くためには新発田から新津を経由しなければならなかったのですが、新発田-新潟直行の白新線はそういった地域の人たちにとって、行動範囲を大きく広げました。
今では日本海縦貫のメインルートになっています。
   新潟博なんてのもありました。国鉄館というのが私たるところ。^ ^
 
【赤谷線】& 昆虫
赤谷線は鉄鉱石を産出した赤谷新発田を結ぶ鉄道路線として大正時代から運行され、1941年には赤谷からもう少し奧に入った東赤谷駅ができました。赤谷まで来ると飯豊の麓という感じを強くします。
  飯盒片手にテントを出れば 加治のせせらぎ我らを招く
私は少年時代、毎年夏に赤谷へキャンプに行きましたが、その時使った鉄道が赤谷線です。私はそれ以外に、春、赤谷線で米倉へ行き、そこから五十公野まで歩きながら昆虫採集をしました。(赤谷線の切符が1枚も残っていません。私としたことが、不覚でした。)
途中の杉林の中に入って樹皮を剥ぐと、スギカミキリが潜んでいました。平べったく、見ためはゴキブリのようですが、れっきとしたカミキリです。
  ゴキブリぽい格好のスギカミキリ(米倉産)
 
五十公野には現在、グリーンスタジアムしばたがあり、アルビレディースの本拠地となっていますが、そばの枡潟にはたくさんのトンボが飛んでいて、今では絶滅寸前のアオヤンマも捕ることができました。個体数は多くないものの、低山地性ゼフィルス(ミドリシジミ類)の一種であるウラナミアカシジミも棲んでいました。
今、彼らはどうしているのでしょうか?
   長い年月の間に羽が傷みました。
 オニヤンマより美しいアオヤンマと少々傷んだウラナミアカシジミ(五十公野産) 
 未熟な標本作りを露呈しています。
 
赤谷線はその後新江口新山口東中学校前といった駅や降車場を増設しながら発展していましたが、1980年に入って廃線が決まり、段階的に縮小され、1984年に全線が廃止されました。
今は路線バスが通っています。
 
【そして新発田】 (鉄道日記に便乗)
羽越本線が最初に開業したのは新津-新発田間(上述)だったことはだんだん忘れ去られつつありますが、羽越本線白新線、そして赤谷線の中心になるのが上の地図を見てもおわかりのように下越随一の商工都、新発田です。新発田は溝口藩6万石(後に5万石)の城下町として栄え、今では人口約10万人を擁する下越の要です。北方文化博物館を備える清水園は観光地としても名高く、国指定名勝になっています。
 
 
少年時代、私はよく新発田市内の山林へ昆虫採集に行きました。天気さえよければ毎週日曜日には必ず昆虫採集でした。学校の宿題と予習は土曜日帰宅後、さっさと済ませていました。春はギフチョウウスバシロチョウといったチョウはもちろん、各種ピドニア(ハナカミキリ類)などのカミキリもたくさん住んでいました。越冬後のタテハチョウ類もいました。夏になるとアゲハチョウの仲間が大型化します。タテハが忙しそうに飛び回ります。この頃はまだカメムシにはそれほど興味がなく、チョウとカミキリが主な採集対象でした。特に、比較的個体数の少ないチャイロホソヒラタカミキリを狙った思い出は鮮明です。モンシロチョウの仲間(シロチョウ科)のツマキチョウもたくさんいました。飛び方が特徴的で遠くからでも弁別できました。
  左:チャイロホソヒラタカミキリ(上2頭)とその変種、クビアカルリヒラタカミキリ(下2頭);右:日本中高山以外どこにでもいるが、発生期間が春浅い2~3週間なので、見落とされていることの多いツマキチョウ(いずれも三光産)
 
考えてみれば私の周囲には大人から子供までムシ好きがたくさんいました。
友達数人とチャリを飛ばし、タラの木のトゲトゲで傷を作り、沢へ足をつっこみズボンを濡らしながら、春から秋までムシ、ムシ、ムシだったような気がします。
そうそう、春、ギフチョウが出る頃、山で笹の葉を採ってくると、母親がちまきを作ってくれました。新潟の△三角ちまきです。どの家庭でも作っていました。
ファーブル昆虫記に感動した私は日本のファーブルになろうと本気で思ったこともあります。しかし、植物をあまりにも知らな過ぎましたし、何よりもムシを飯のタネにする自信がありませんでした。昆虫は趣味だから楽しいのであり、仕事となったら苦しいことばかりだろうなと思い、諦めました。(なんちゅうヘタレだーっ。)
 
さて、次回はどうやら大阪のようです。最近あまり行かなくなってきましたが・・・
 
昆虫採集は時として自然破壊として批判の対象になりますが、これまで普通の採集の影響を受け絶滅した昆虫は知られていませんし、多くの昆虫愛好者は自然をとても大切にしています。昆虫が激減している原因の多くは「開発」であったり、台風、洪水等の自然(一部人為的)災害でであったりします。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。