なごやんの鉄道日記(23)

第23回の日記は  です。
長距離では東北新幹線に押されてかつてほどの需要はないも知れませんが、近・中距離ではまだまだ頑張っていますし、首都圏では通勤、通学の重要な手段です。
今回は東北本線 おもひで です。
 
【東北本線】
東京を起点とし、青森までつながる日本最長の鉄道路線でした。「はくつる」、「はつかり」は昼行の、「ゆうづる」は夜行の特急で、ゆうづるは寝台特急でした。急行も頻繁に走っていて、青森-仙台の急行「くりこま」は特急より速い急行でした。(当時の国鉄の説明では「特急と急行の違いは速さだけでなく、アコモデーションの違いもあるので、特急より速い急行もありうる」というものでした。)
ところが東北新幹線ができ、それが八戸まで延長されると、九州新幹線同様、途中がブチ切られてしまいました。ですから、現在では東京-盛岡八戸-青森に分かれています。盛岡-八戸はIGRいわて銀河鉄道(岩手県)、あおい森鉄道(青森県)によって運営されています。これらの鉄道の経営状況については推して知るべしといったところでしょうか。
   
 起点東京駅の入場券           特急はつかり(特急券)   急行十和田(急行券+寝台券)
 
首都圏の東北本線
社会に出て間もない頃、東京へ出張しました。せっかくだからと思い東京勤務の友人に連絡をとると埼玉県久喜市に住んでいるとのことでしたので、そこに泊めてもらうことにしました。(新婚さんの家庭に押し掛けるなんて、ワタクシもずうずうしい奴だ。)
夜、仕事が終り、さあ行こう。と、行き方を調べると東北本線じゃありませんか。ずーっと乗っていると青森へたどりつくあの線です。まあ、それでもと思い、上野から乗りました。久喜駅に着いたのが22時を回っていて、友人宅へ行くバスはもうありません。しゃあないタクシーか、と思いタクシー乗り場へ行くと「○○方面の方」とか言って同じ方向へ行く人たちがそれぞれ集まっているのです。そうです、タクシーの相乗りです。
一人で乗るより安く、運転手さんはチョットだけピンハネできるんですね。「さすが首都圏の人は賢い。生活の知恵だ。」と思いました。
名古屋だったらこんなことはないでしょう。土砂降りの中2~3人後に待ってる人が同じ団地の住民であることがわかっていて、自分が乗るタクシーが最後で、次は戻ってくるまで待たなければならないとしても断固一人で乗るでしょうね。名古屋人ってそんなもんですワ。(名古屋の人、見てたらすみません。でも実話ですので。)
まあ、それでも久喜なんて都心まで40分程度ですから首都圏としては「近い方」なんでしょう、タブン。
  この程度は十分通勤の範囲               
 

首都圏では東北本線大活躍です。
ちなみに、東北本線の起点は上野駅ではありませんからね。東京駅ですよ。東京駅は様々な路線の起点です。中央本線、東海道本線・・・
東京から左回りに上野池袋新宿渋谷と走っている緑色の電車は通常山手線といいますが、どっこい、東京-田端東北本線です。

  東京-上野-川口は東北本線 新宿-川口が50円。いつの話?
 
湘南新宿ラインなんてハイカラな愛称を持つ路線も横須賀線東北本線をくっつけただけみたいなものです。
なんなら ここ をどうぞ。
 
青森県の東北本線
東北本線のもう一方の端は青森県です。
現在東北新幹線の終着駅となっている八戸駅はかつて尻内駅と呼ばれ、現在の本八戸駅が八戸駅でした。
   八戸-青森自由席500円。ずいぶん高かったものです。
 
もう何十年も前になりますが、青森県のある地域でハエの調査を行うことになりました。私は特にハエが得意なわけではなく、チョウやカミキリが好きだったのですが、広く昆虫一般にも関心を持っていたため、他の愛好家よりは知っているだろうということで白羽の矢が立てられたのです。学生時代のことです。
その時は東北本線尻内(八戸)経由で三沢へ行き、そこからさらに現地へ向かいました。
   ハエがいっぱい採れたぞ。
野原や鶏小屋前にフライトラップ(ハエ捕りかご)を仕掛けます。一旦中に入ったハエは外へ出ることができません。
朝から晩まで集めたところでフライトラップごとゴミ袋に入れ、クロロフォルムをちょっと垂らして密閉するとハエのご臨終です。
全部で2,000頭以上集めました。持ち帰って参考書を頼りにし、にこれらを一頭一頭ルーペや実体顕微鏡で観察し、大きさ、色、形はもちろん、羽の脈、足の毛の生え方、等々細かく分類しました。ハエと真面目に取り組んだのは初めてのことでしたので勉強にはなり、また興味深くもあったのですが、目が疲れました。夏休みでよかったと思ったものです。
   三沢から尻内(八戸)までの急行券
ハエの分類に使った参考文献(こんな難しいものをよく読んだものです。あの頃私も若かった・・・)          
 
最近では東北地方へ行く時には東北新幹線を使います。(しばらく行っていませんが。)新幹線-新幹線-在来線とつないで青森までは陸路です。その話は最終回にします。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。