天皇杯3回戦 横浜FC戦

今日はBS-1で中継がある。と言っても私はBS環境にないため栄にあるNHKセンタービルにあるモニター画面を見に行った。
音声は聞くことができないが、今日の解説は宮澤ミシェルさんだから、あまり参考にならないし、まあ、よし。
 
前の試合、磐田鹿屋体育大の試合が長引いていたためウチの試合をキックオフから見ることはできなかった。
中継がスワンの試合に変わった時、アルビは既に2-1でリードしていた。切り換え後すぐにゴールシーンの録画が流された。先制されたんだ!
 
うーん、この分だとまだ勝敗はわからないぞ。
と思いつつ後半に突入した。
 
ミドルパス、ロングパスがつながらない。相手の拙攻に助けられている。おいおい、こんな時は何かワケワカランうちに点を入れられてしまうことがあるんだよ。
両チームともパスがなかなかつながらない試合運びで時間が過ぎていく。
ゴールの匂いがしない。
 
そうこうするうちにロスタイム。まあ、しっかり逃げ切れや。と思った瞬間、チョ・ヨンチョルのシュート気味のパスに走り込んだのはマルシオ・リシャルデス。
ちょんと蹴りこんでダメ押し点。
 
まあ、勝ったからよしとしよう。
 
それにしても山形さん、どうした。
磐田も結構苦戦していたね。
今日行われたJ1対J2は6試合あり、3勝3敗。ハァ。
勝ってよかったぁ。
 
応援の皆さんお疲れさまでした。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。