夕日のぶらんこ

  
タイトル変更
 
なごやんの旅日記にしようかなと思うほど最近はサッカー離れしていますが、アルビは試合ないし、岡田ジャパンとやらには関心がないし、まあ、そうなれば夏の旅しかないな。
ってことで、9月10日まで有効の青春18きっぷネタにしました。
青春18きっぷの季節になると、体がウズウズして仕方ないのです。年か・・・。
 
春の青春18は引っ越しやなんやらで使う機会を逸しましたが、夏は5回(5日)とも使いました。と言っても、なかなか休みがとれなかったため、近場ばかりです。最も遠距離だったのがアウスタへ行った時の清水です。
京都へは2回行きました。2回目は8月下旬、京都-奈良の旅。おお、修学旅行だ。そして、これで今期の青春18きっぷの使いきりです。
 
最初の目的地は京都府京都文化博物館で9月26日まで開かれている藤城清治の世界展です。新潟では一昨年に開催されていますが、愛知では高浜で一度あっただけで、名古屋は飛ばされてしまっています。
80歳を過ぎてなおも情熱的に影絵を作る藤城さんの作品は、ケロヨンに限らず、特に美しい女性の姿にいつも見とれてしまいます。
  京都文化博物館
 
私は開館時刻である10時に入ったのですが、4階の作品を見るのでも長時間かかり、3階会場へ行ったのは12時頃でした。
 
3階へ来て、ビデオコーナーの後を振り返った時、はっとする絵に目が留まりました。なんか懐かしい感じが漂い、そしてホッとします。近づいてみると「夕日のぶらんこ」というタイトルでした。
2002年の作品で、米山インターを降り、寺泊付近で見た光景だそうです。
ブリタニカ百科事典には「日本海に沈む夕日が世界で一番美しい」と書いてあるそうです。(未確認)
ミュージアム・ショップで、思わず絵はがきを買ってしまいました。
  もちろん原作に赤いラインは入っていません。
 夕日のぶらんこ
 
13時過ぎにはお腹が空いて仕方がなかったので、一時会場を出て、1階の飲食店街へ行きました。1日20食限定「ゆばカレーセット」というのがあったので、もう売り切れかなと思いつつ注文すると・・・ありました!(そうか、イマイチ人気なのか。)
 
結局京都駅へ戻り奈良へ向かったのが15時49分、JR奈良線の快速ででした。
奈良着が16時33分。もうどこの観光地も閉まる時刻に近づいています。それでも諦めない私は500円で奈良交通の1Dayフリー乗車券を買い、バスに乗りました。雨がパラパラ、そして時折強く降ってきました。
県庁前で下車し、興福寺へ行くと、ナンと、この時期は夜間拝観というのをやっていました。
あちこちを闊歩する鹿の間を縫って「拝観」し、その後もバスを使い市内をぶらぶらしてきました。
もっと早い時間帯なら関西本線、あるいは草津線を使って帰るところですが、それは諦め、奈良駅前で食事をして19時33分の奈良線(正確には奈良-木津間は関西本線)で京都へ戻り、帰宅したのは23時でした。
 
この次の青春18きっぷ発売は年末年始です。さあ、どうしましょう。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。