アウェー 名古屋戦

このところ、なかなか土日が自由にならない。
29日も午後までバタバタし、スタジアムに着いたのが16時40分頃だった。
まあ、それでも開門には間に合った。
名古屋とあって、首都圏のアウェーゲームと比べると新潟サポーターはやや少なめだ。
 
試合はシュート数11本の新潟に対し5本の名古屋。その名古屋が玉田の虎の子シュートをものにした。
 
バヤリッツァの強烈なミドルシュートでもなく、ブルザノビッチのフリーキックでもなく、新潟DFのほんのチョットの隙を縫った玉田の押し込みで新潟は敗れた。
鬼門の8月、鬼門の瑞穂。
 
試合後、名古屋駅近くでいつもの&久しぶりの&お初のサポーター12名(新潟、関東、東海合同王)で懇親会を行った。
本当は祝勝会になるはずだった。
 
ペドロ・ジュニオールが急にいなくなり、言ってみれば、キックオフ直後に選手交代したようなチームだから、この日はまだ波に乗れなかったのかもしれない。
しかし後半、特に選手交代の後動きのよくなったアルビ戦士に次節以降の可能性を感じた。
 
今週は試合がない。
9月12日にはフクアリで千葉戦だ。なんとしても勝ち点3を取ろう。
 
応援の皆さん、お疲れさまでした。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。