アウェー 清水戦 など

なかなか時間繰りがつかず諦めていた清水戦であるが、矢野貴章君を応援する会の浜松グループから何人かがアウスタへ行くということで、私も急遽参戦することにした。まあ、チケットは販売直後に買ってはおいてあるのだが。
決めたのが14日、金曜日。そうなればそうなったで、どうせ行くならと思い、静岡のイベント情報をサイトやブログで調べてみると、こんなのがあることがわかった。
クレーをこれまでとちょっと違う視点からみてみた企画で、千葉と鎌倉とここでしか開催されない。場所は清水の隣りだ。
 
ということで、今日は朝早く家を出て、とりあえず美術館のある草薙まで行った。乗車券はもちろん青春18きっぷだ。途中、浜松で下車し、外へ出て駅周辺の写真を撮った。いずれ、何かの時のブログネタになるだろうから。
草薙は夏の高校野球で貴章の母校浜名高校を破って静岡県代表になった常葉学園橘高校の地元とあって、応援メッセージが貼ってあった。
  
 
ここから美術館は歩いてでも行けるのだが、朝から日差しの強いこの日は日焼け止めを塗ってあるといっても相当焼けそうだったので20分に1本出ているバスに乗った。5~6分で到着し、100円である。
 県立美術館行き路線バス
 
10時開館の少し後で着いたが、夏休み期間は学生が無料とあって、小中学生が沢山いた。
  
 プロムナードの案内板           小中学生のためのセルフガイド 美術に関しては小学生以下の私にも十分役に立つ。
                     A4サイズだが、うまく折りたたむとポケット版になる。
 
それにしてもベルンのクレーセンターからの作品を中心に90点というのはいかにも多い。結局14時過ぎまで美術館にいた。
14時14分のバスで草薙駅へ引き返し、静岡へ戻る。こういう融通がきくので青春18はありがたい。
静岡ではまず昼食を摂った。アスティーにある和風喫茶店が「ついでに」やっている和風ラーメンとライスのセットで、ランチタイムを過ぎていたため正規価格だったが、あっさりしていておいしい。
店長から写真のブログ掲載許可が得られなかったのでここに画像を呈示できないのは残念だ。
 
次いで金券ショップへ行き、帰りの新幹線チケットの手配だ。明日は仕事のためどうしても今日中に帰らなければならない。従って、帰路まで青春18というわけにはいかない。しかも新幹線回数券はこの時期使えない。
自由席特急券2,410円は仕方ない。問題は乗車券。静岡-名古屋をストレートで買うと3,260円。しかし、ここで注目すべきは静岡-名古屋間にある焼津-安城間がピッタシ140kmで2,210円。140kmを0.1kmでも超えれば一挙に2,520円になってしまう。これを利用して静岡-焼津、焼津-安城、安城-名古屋に分けて買うと、合計2,900円
さらに、この区間それぞれを回数券の単片にする。こうして金券ショップで買った乗車券の合計が2,840円。これに特急券2,410円。合計5,250円だからストレートで買うより420円の得ということか。まあ、ここまでだな。
ちなみに、今日の青春18きっぷの利用は、金山→浜松(途中下車、駅写真)→草薙→静岡→清水→静岡(静岡から名古屋は新幹線で、青春18は利用不可)まあまあか。
 
——————————ここからがようやく今日の試合——————————
 
再び東海道本線上りで清水へ行くと、もうシャトルバスが運行されていた。
暑いスタジアムにいつものサポ仲間が何故か(笑)、首都圏からだけではなく、関西方面からも集まってきた。
浜松からの貴章サポも揃った。
暑かったスタジアムも試合開始が近づくと日も落ち、涼しさが出てきた。
  アウスタから望むサンセット
 
試合は新潟のパスの精度の低さと清水のパスカットの巧さが目立った。(これは、まあ、表裏の関係だけど。)
岡崎はノリノリだ。マルシオはよくFKを直接決めてくれた。
5試合連続引き分けではあるが、今日の引き分けは追い着かれたのではなく追い着いたのだ。・・・ということに意義を求めよう。
よくぞ引き分けで終えたもんだ。
 
——————–試合記事はここまで。あまり書きたくないので。——————–
 
試合が終わると、私は一目散に駆け出し、シャトルバスへ急いだ。
とにかく走る、走る。中央突破、サイドチェンジはもちろん、ウルトラCの立て壁蹴りもやってのけた。(壁に駆け上がり、その壁を蹴って、できるだけ前方へ跳ぶ。下り坂で有効。目測を誤ると側溝に落ちたり、着地に失敗したりして骨折することがあるし、何よりも周囲の人を危険に巻き込むので、余程注意して行わなければならない。)
よい子のみなさんは絶対に真似しないように。

21時前にはシャトルバスに乗ったが、JRは21時41分発の静岡行きしかなかった。
静岡で21時58分発の名古屋行きこだまに乗った。
 車内で爆睡する前に上記の切符の写真を撮った。 
  記載の値段は10枚分(11枚綴り、特急券を除く。)
 
帰宅後、入浴、食事、そして寝るだけだ。
現地応援のみなさん、お疲れさまでした。
浜松のみなさん、29日、名古屋へもぜひおいでください。清水よりほんのわずか遠いだけですし、土曜日ですから。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。