名古屋情報

さてさて、今月下旬はアウェー名古屋戦です。
もっとも、その前に清水戦、G大阪戦、京都戦と3試合もあるんですけどね。
 
それでもお届けします。今日段階での名古屋情報です。
 
はじめに
 
8月28日(金)夕から30日(日)夕まで、名古屋では大きなイベントがあります。試合のある29日(土)はすっぽりその中に入ります。
大々的に交通規制が敷かれますので、自走の方、バスでの移動を考えられている方は十分ご注意ください。
 
1.名古屋へのアクセス
 
1)バスツアー
 KIJなどがやっていると思います。最も安価でスタジアム直行ですので便利だと思われます。欠点は名古屋の街を楽しめないこと。(?)
 
2)高速バス
 新潟交通と名鉄の共同運行バスがあります。金曜日の夜に新潟を出て名古屋に早朝着。帰りは名古屋を夜出て新潟に日曜朝に着くという2泊1日の弾丸ツアーです。
 
      8月28日(金)                            8月29日(土)
  往路:万代シティーBC(2240)---(2243)新潟駅(2245)---(0600)名鉄BC(名古屋駅)
 
      8月29日(土)      8月30日(日)
  復路:名鉄BC(2240)---(0550)新潟駅(0552)---(0555)万代シティーBC
 
3)空路
 中部(国際)空港からは名鉄に乗ることになりますが、スタジアム直行ですと金山で下車し、そこから地下鉄名城線左回り瑞穂運動場東へ来られるのが便利です。カテ5アウェーには最も近い駅で、スタジアムまでは5分みておけば十分です。
 県営名古屋空港からは名古屋行きの高速バスもありますが、後で書きますように、当日名古屋駅近辺では広域に交通規制が敷かれますので、別の路線バスで西春へ行き、そこから名鉄で名古屋入りするのがよいと思われます。下車駅は名古屋でもよいのですが、もう1駅乗って金山で降り、そこから地下鉄(上記)を利用されるのがよいと思います。
 
4)JR
 新潟からでも関東からでも近畿からでも新幹線が便利なことは間違いありませんが、高価です。そこで考えるのが青春18きっぷの利用です。もちろん、全過程青春18を使えば(日帰りは無理でしょうから)1人当たり4,600円(2,300円×2)ですから、これが最も経済的かも知れません。まあ、体力は使いますけど。
 関東地方の人、あるいは東京経由JRで名古屋入りされる方は片道新幹線、復路は青春18きっぷでムーンライトながらを利用することを考えてもいいのではないでしょうか。
 その場合、新幹線はひかり、あるいはひかりとこだまの乗り継ぎで豊橋まで来て、豊橋からは在来線を使います。購入する切符は「名古屋往復きっぷ」です。名古屋(金山を含む)まで往復1,500円です。帰りはその切符を使って(日付の変わる)豊橋まで行き、そこでムーンライトに乗車します。
 ただ、ムーンライトえちごもそうですが、何を血迷ったのか、JR東日本はムーンライトを使いにくい列車に変えてしまいました。
 
 往路:(新幹線利用)東京(××××)-<ひかり又はこだま>-(××××)豊橋(××××)-<在来線(特別、新、区間)快速(名古屋往復きっぷ)>-(××××)金山
     (在来線利用)小田原(0031)-<ムーンライトながら>-(0522)名古屋(0525)-<同>-(0544)岐阜(0545)-<同>-(0555)大垣
 
     8月29日(土)                          8月30日(日)
 復路:名古屋(2316)-(2319)金山(2320)-<在来線快速>-(0008)豊橋(0017)-<ムーンライトながら>-(0505)東京
 
 往路ムーンライト利用なら、思い切り岐阜まで行って、滅多に行くことのない岐阜の街を覗いてくるのもいいかと思います。岐阜城からの眺望は見事ですよ。
 復路は名古屋の次に停まる豊橋が日付の変わる最初の駅です。
 
2.29日(土)のイベントと交通規制
 
8月29日の名古屋では結構大きなイベントが開かれています。
今から11年前、名古屋の学生が始め、それを市が市の行事として取り上げたにっぽんど真ん中祭り(ど祭り)です。私はこの祭のことをあまりよく知りませんが、当日は交通規制が敷かれますので、自走で名古屋入りされる方はご注意ください。市バスも影響を受けます。また、この交通規制のあおりを食って他の道路でも交通量が増えると思われます。
地下鉄は通常の土曜ダイヤで、参加者が様々な衣装で乗り込むことはあっても時間の遅れなどはないと思いますのでご安心ください。
あっ、栄へ出るとこんなのがあったりもしますけど。
 
3.名古屋市内の交通
 
名古屋はバスの使い方を覚えると結構合理的に移動できるのですが、29日は上のイベントがあるため、円滑な運行は不可能です。地下鉄は大丈夫ですので、うまく使うとよいでしょう。
地下鉄の最低運賃は200円です。3回以上使われる方はドニチエコきっぷを最初の駅で買っておくとよいでしょう。この切符で割引になる観光地(名古屋城など)もあります。
名古屋駅新幹線側地下街の「エスカ」には金券ショップがあり、そこにこの切符があれば、590円で買えます。
 
4.食事
 
1)朝食
 早朝名古屋入りされる方は名古屋名物「モーニングサービス」をどうぞ。喫茶店は名古屋駅周辺を始め市内のあちこちにたくさんあります。早い店で7時、通常は8時開店です。周辺部へいくほど安くて豪華です。350円~500円も出せば充分満腹感が味わえると思います。でも、関西ではもっと凄いのがあるようですね。
 
2)昼食
 上記イベントの影響を受け、どの飲食店も満員だと思います。私自身もどこがいいのかリサーチしきれていません。新情報を得たら書きますが、市内で「これ」というものを食べようとすると相当並んで待つか、諦めるしかないかもしれません。特に名の知れた店の多くではランチで予約制を取っておりませんので、「名古屋名物」をこの地区で堪能するのは極めて困難です。
地下鉄をうまく利用し、北区、東区北部、南区、港区、熱田区などが穴場かもしれません。
時間をずらすのも名案でしょう。
地下鉄名城線(環状線)でナゴヤドームへ行き、ドーム前のショップというのも案外よさそうな気もします。少なくとも、瑞穂陸上競技場の「グルメ」よりは数段上です。
 
3)夕食
 サポーターにとっての夕食は・・・よくわかりません。スタジアム入りする時刻には通常夕食を取っていませんから。
 
5.名古屋のお土産
 
昨年のブログを参考にしてください。
ただ、この時期、まだ栗きんとんは販売されておりません。
 
6.名古屋の観光
 
昨年、これについてはあまり書きませんでした。いくつかを挙げておきます。入場料等の表示は(正規→ドニチエコきっぷ呈示)です。
 
1)名古屋城(500円→400円)
 名古屋観光の定番です。この時期のイベントは名古屋城天守閣物語です。地下鉄名城線、市役所下車
 
徳川美術館(1,200円→1,000円)
 名古屋が誇る美術館です。この時期の企画は信長・秀吉・家康の合戦です。名古屋駅、市役所(名古屋城)から基幹バスで行けますが、上の「ど祭り」と重なると渋滞が懸念されます。
 
3)名古屋港付近(施設共通券 700円→580円)
 水族館海洋博物館等、いくつかの施設がありますが、汐の匂いを嗅ぎながらその辺をぶらぶらするだけでもいいかもしれません。
 南極観測船「ふじ」もドーンと構えています。
 
 昨年も紹介しましたが、伝統と若さの入り交じった商店街です。売りはジーンズ、IT、昔ながらの食品、そして大須観音です。
 商店街へ行くには地下鉄大須観音駅より名城線、上前津駅の方が便利です。広場では大道芸人のパフォーマンスも見られます。
 
5)犬山城(500円)
 時間に余裕のある人は名古屋からチョット足を伸ばしてみてください。名古屋から名鉄犬山線で約30分(乗り換え除く)、犬山遊園下車。
 今から540年前、織田広近によって開城されました。現存の天守は江戸時代に再建されたもので、国宝です。
 飛行機で県営名古屋空港へ来られた方は路線バスで西春へ行き、そこから名古屋と反対方面の電車に乗れば犬山へ行きます。 
 
 これも犬山市ですが、70種以上のサルを飼育している極めて特徴的な動物園+遊園地です。
 名鉄犬山線、犬山下車で、そこからコミュニティーバスに乗ります。
 
7)明治村(1,600円)
 明治の遺産がビッシリ入った野外博物館です。チンチン電車も走っています。名鉄犬山線、犬山下車で、明治村行きバス約20分です。
 土日には名古屋(名鉄BC)から直行バスがあります。ただし、直行バスに乗るとすれば、名古屋市内の交通規制が始まる前に利用しないと厳しいでしょう。(栄を通るため。)
 
8)岡崎城(200円)
 築城は名古屋城(1609年)、犬山城(1469年)より早い1452年で、今年は再建50周年に当たります。
 岡崎はもちろん、徳川家康の生地です。
 名古屋からは名鉄本線豊橋方面行きで東岡崎下車、そこから徒歩で約12~13分
 
9)無料で楽しめる「観光」?
 ①上記「にっぽんど真ん中祭り」をどこかの沿道で見物するのはどうでしょうか?別に伝統のある祭りでも古式豊かな祭りでもありませんが、これも名古屋の文化と思って見てみましょう。
  どこも人、人、人で混雑すると思いますが、穴場は柳原通商店街(地下鉄名城公園駅下車)かな?
                              更新がイマイチのHPですが、シャッター通り化回避のため頑張っています。
 ②名古屋駅のJRセントラルタワーズを展望エレベーターで上階12階とか15階とかまで上がり、そこから名古屋市内を一望するってのもありですね。名古屋城やテレビ塔等だと入場料が必要ですが、ここではお金はかかりません。名古屋市街とともにグランパスサポも見下してやりましょう。でも、ここはデートスポットでもあるので、カップルが多いのはガマンしてください。
  ここから上記ど祭りの見物もできます。
 
まあ、とりあえずは目の前の清水を叩き、鹿島、川崎に追い着き追い越しましょう。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。