Monthly Archives: 6月 2009

矢野貴章 新潟残留へ

貴章、新潟を選んでくれてありがとう。
 

ホーム 名古屋戦

まあ、今日はNHK総合でマリノス対ガンバがあったし、なんとなくサッカーデーになってしまって落ち着かない。
千葉ではアルビレックス新潟レディースがジェフレディースと戦っている。
仕事はワンサとたまっているのに。
 
ここは観念して(笑)、サッカーに集中しよう。(笑)
 
さて、試合開始。
名古屋はフルメンバーで手強いぞ。
マギヌンは久しぶりで張り切っている。張り切りすぎて一発レッドだな、タブン。
ダヴィとどっちが早くレッドをもらうかだ。(フフフ、これも密かな楽しみだ。)
ただし、ウチの選手に怪我させちゃダメだよ。
 
前半5分
  松下のゴ~~~~ル!
 
ペドロのシュートがゴールポストに跳ね返され、そこに詰めていたワンちゃんが鋭いシュートだって。
アシストはゴールポスト(笑)。
 
そんで、ナニ、マギヌンに黄紙!? まあマギヌンらしいといえばマギヌンらしいけど。突撃?蹴っ飛ばし?ぶん殴り?
まあ、どれかだろう。ダヴィの黄紙(又は一発レッド)はまだかな?
 
とかなんとか10分もしないうちにマギヌン黄紙2枚目。→レッドだ。 さようなら~~~~~~。
ワタクシ的には想定内だが、ダヴィの方が可能性があると思っていた。
 
じゃ、次はダヴィの一発レッドだな。
 
でも37分、勲に代わってデビ純投入? マギヌンにやられた?
 
そして前半43分
 
  またもや松下のゴ~~~~ル!
2点目だ。ワンちゃん、乗ってる!
2-0で折り返し。
 
さて、後半。
 
ん、レディース勝ったな。逆転勝ちだ。6位浮上!!! トップチームも頑張ろう。
 
どうもバタバタしつつ、ん、ダヴィに黄紙だ。なんだ、赤じゃないのか。
 
後半、点が入らない。このまま完封といこう。
 
ロスタイムは4分か?
あああああ~~~~終了間際に。
 
結局こうか。完封ならず。
 
 
まあ、最後は杉本に一矢を報いられちゃったけど、一応、勝利で、2位を保ったか。とりあえずホッ。
 
現地応援のみなさん、お疲れさまでした。
今日の新潟は好天で暑かったことと思います。
後で十分水分補給をしておいてください。・・・ん、もうアルコール多飲して脱水状態だって? だめです!(笑)

(@ 電話利用停止 @);!

こ、こんなものが送られてきてしまった。(^ ^;
  ↓
 
 
てっきり従前通り自動引き落としにしておいたと思っていたのに・・・
で、請求書は・・・533円。これだけのことで電話利用を停止させられたんじゃたまらない。
 
  ←隙間家具の一段に君臨する私の電話
 
今や博物館でしかお目にかかれないような電話だけど。ファックスも付いていない電話だけど。
いい点は着信履歴が残らないことかな。

アウェー G大阪戦

ワールドカップ予選で中断していたJ1リーグが今日再開された。再開後の初戦は今後を占う上で重要である。特にナビスコ杯を惨憺たる成績で予選敗退したアルビレックス新潟にとっては、立ち上がりのこの試合をどう乗り切るかが試された。
 
昨年から今年にかけてトップチームの勝ち試合に出くわしていない私は、さまざまな方法で身を清め、今日の試合に臨んだ。
万博記念競技場の最寄り駅はJR茨木駅ということで、とりあえず東海道本線(在来線)で茨木へ行った。
昨年はここから臨時バスを使ったが、帰りのバスに並ぶのは大変なのと、なんやかんやで時間がかかるのとで、今年はレンタサイクルを利用した。
  昨年はここからバスに乗った。
 
今年はこれ
 

駅に隣接されたレンタサイクル「店」(公営)               私の今日の足 1日300円!

道がよくわからないので、ガンバユニを着た人の後を着けていった。しかし、しかし、そいつの自転車が鈍(のろ)い!
何度となく追い越そうと思ったが、追い越してしまうと道がわからなくなる。じっとガマンの子であった。
ところがそいつは途中コンビニで止まってしまった。仕方なくその辺を歩いていたカップルに聞くと、「その坂(歩道橋)を上って降りたところでわかりますよ。」だって。
かなり急な登りであったが、毎日坂道を通勤している私としてはなんなくクリア。なんとかスタジアムに着いた。
 
さて、スタジアム。
ここは一昨年、私たちがエルゴラデビューをしたスタジアムだ。
  あれから2年になるんだなぁ。
ここの焼そばを初めて食べた。
日本平やフクアリの焼そばには遠く及ばない。しかし、日立台や長居の焼そばに比べれば、とりあえずまずくなく食べることができる。
 
ガンバはメインスタンドにアルビ用のオレンジシートを用意してくれていた・・・か?
  がら空きのメインスタンドはオレンジに染まる。(笑)
 
スポンサーからこんなものが配られたけど、買収はされないからね。
  
私の今日のおやつはウチのスポンサーの柿の種とゆりべーさんにいただいたスーシカですから。ご心配なく。
結局このまま手つかずでとっておきそうな気がするが・・・
 
それにしても、このスタジアムのスピーカーはヒドイものだった。音は途切れる、割れる。
  このスピーカーはヒドイ。老舗メーカーだけど。
 
おたくの親会社の純正のヤツ使ったら? いくら老舗会社の製品でも、今はタブンおたくの方が優れているんじゃないかなぁ?
 
まあ、そうこうしているうちに試合開始。
まあまあ、ガンバに攻め続けられるワ。スペース作るなよ、フリーにするなよ。と叫びつつもガンバの拙攻に助けられたりもして、なんとか凌ぐ。
すると前半31分、オーストラリア帰りの貴章の先制ゴール!
ダイジェスト映像見ると、ボレーシュートだ。貴章チャントが高らかに響き渡る。
前半は1点リードで折り返す。
 
後半もガンバに攻められる展開が続く。
必死に守るアルビ。北野もよく防ぐ。
後半37分、マルシオ~~~~~~~~~~!!!
よっしゃ、今日は完封でいこう!
で、結果はご存じの通り。ガンバ大阪 0-2 アルビレックス新潟
万博初勝利だ。
ガンバはユニの色にも増して真っ青になったのではないか。
関東サポは祝勝会だが、時間にも心にも余裕のない私は帰ることにした。
帰りのチャリは下り坂でルンルン。スタジアム周辺の混雑を乗り切ると後はまっしぐら。
雨がぱらついたが大したことはなかった。
 
帰りはニヤニヤ。だからユニ着たまま。
嬉しさのあまり自分の乗る京都行きの普通電車や京都駅での乗り換えの際、在来線から望むN700の写真を撮ったり・・・
  
京都行き普通(@茨木駅)                   東京行きN700(@京都駅)
どうってない写真でスミマセン。嬉しいとこうなっちゃうんです。
 
途中、関東でテレビ応援しているサポ仲間から「ハーフタイムに映っていたよ」というメールが来た。いや~、イケメンはすぐ絵にされるから辛いよな。(って、ハマのイケメンさんに叱られそうだ。)
ニヤニヤしながら名古屋駅で降り、地下鉄に行ったら赤いユニを着た人がいた。「悪いね。来週スワンで連敗するんだね。」なんて心でつぶやきながら家路についた。
 
スタジアムでビールを飲んだので、今日はどうしようかと思ったが、どうも仕事モードにならないし、ウジウジするくらいなら飲んじまえっ。
てことで、今から一人で乾杯する。
 
現地で、テレビで、応援されたみなさん、お疲れさまでした。
ナビスコ杯の鬱憤をはらしてくれましたね。
明日はレディースの試合があります。行ける人は現地で応援しましょう。

なごやんの鉄道日記(01)

結局買うんじゃないかなぁと思っていたら、やっぱり買ってしまいました。
 
 
私は遠征をドタキャンすることが多い(昨年は4回と比較的少なかった)のでチケット代は目をつむることとして、使うはずだった遠征費用が余ったと思えばまあいいか、なんて勝手に納得しています。
 
鉄道雑誌は沢山あるのですが、今回のようにテーマを決め、システミックに編集されることは多くはありません。発行元の新聞社のよくやるテです。
 
私はメチャメチャなマニアというわけではありませんが、鉄道好きで、時刻表旅行をよくやったものです。
写真家が海辺で青い雲にカメラを向け、ここにカモメが飛んでくるといい絵ななるなぁ、などと思っていると本当にカモメが現れるように、鉄道好きの私の場合、旅先でたまたま乗った列車が「さよならナンチャラ」だったり、「○○号運行記念」だったりすることが時々ありましたし、今もあります。
そんな切符やなんやらを大事に持っているうち随分とコレクションができました。そんな「お宝」を紹介しながら、その都度頭に浮かんだことを綴ろうと思います。
第2回があるかどうかは別として、第1回は東海道本線の巻(笑)。
まあ、他人の日記を読んでどうするってもんでもないでしょうろが、日本昔話と思って覗いてください。
 
【東海道本線】
「東海道本線」は私が毎日の通勤に使っている路線です。
私は通常、往路は117系、復路は313系あるいは311系に当たります。時に快速みえと同じジーゼル車キハ75系のこともあります。このジーゼルがなんとなくゆったりしていて私は好きです。
1時間に2本しか走っていませんが、当たるとラッキー!(というか、これに合わせて帰宅することも多かったりします。)今日もこの列車でした。昼の間は2両編成ですが、朝夕は4両になります。
 
さて、東京から関西へ行く時、今は普通に新幹線を使いますが、プレ新幹線時代は当然東海道本線(今で言う在来線)での旅でした。
もちろん特別急行もあり、花形は何と言ってもスワローエンジェルC62の牽引するつばめでした。つばめの名は、現在、JR九州に残っています。実は私はC62の牽引する列車に乗ったことがあるのです。それは特急つばめではなく、もっと後の時代、北海道でのことです。その話は、いずれ「函館本線」で書こうと思っています。
東海道本線でそのつばめと双璧をなしていたのが特急はとでした。しかし、つばめと比べると地味な存在に甘んじていました。私はもちろん乗ったことはありませんが、私が小学生の時、私と随分年の離れた東京の従兄からはとの特急券をもらいました。もちろん硬紙で、「はと」はスタンプです。
 当時は1等車から3等車まであり、普通は3等車だ。この切符は2等車。誰が乗った?
 
乗車前日に買っていて、しかも増設車になっていますから、満員でやむを得ず2等車にしたのでしょう。従兄本人が乗ったとは思えません。
消費税のなかったこの頃は高級品に税金がついていました。2等車だと20%の税金です。高いですが、しかし、考えてみれば、日用必需品にまで付いている消費税より、「ぜいたく品」に付加価値税を付ける方がいいのではないかと私は思っています。
ともあれ、東京-神戸を9時間という猛スピードで駆け抜ける画期的な列車でした。(はとは大阪まで)
東海道本線が全線電化されたのは1956年11月19日のことです。
  東海道本線電化記念切手(手許には使用済みしかありませんでした。)
 
私は静岡(清水)-神戸間は原則として東海道本線(在来線)を使います。特に米原-熱海間には休日フリーきっぷあるいは往復きっぷが何種類か用意されていて何となく得をした気分になるのです。ただ、今年の清水戦は夜の試合のため、新幹線を使わなければならず残念です。
 旧大垣夜行の「ムーンライトながら」も時には使い応えがあります。
  ムーンライトながら下り終着の大垣駅構内にこんな店があるのは嬉しい。
 
数年前、大宮出張予定があり、その時の書類作成が間に合わなくなりました。翌朝必要なのに!夜もふけ、もうタイムアップです。仕方なくホテルに電話し、ホテルをキャンセルしました。なんとか23時ころに書類が完成し、最寄り駅までチャリで行きました。平日であり、当時は季節列車でなかったムーンライトながらの席を取ることができました。とにかく東京へ行きました。5月の朝4時台は寒く、まだ始発電車は動いていません。八重洲の地下で暖かい缶コーヒーを飲み暖を取りつつ時間稼ぎをし、始発の京浜東北線に乗りました。大宮で降りて駅前でマクドを見つけた時は涙がでるほど嬉しかったのを覚えています。

レディースINACに初勝利!

いつになく、仕事を家へ持ち込んでしまった。
しかも、「明日できることは今日やるな」が信条の私はやっぱり昨日やり残してしまった。
 
今日の予定の第一はユニバで行われる INAC 神戸レオネッサ vs アルビレックス新潟レディースの試合。
8時半頃に家を出て新幹線で行けば間に合う。夕方の用事にはギリギリ帰ってこられる。
しかし、朝5時半に起きて見積もるとそれまでに仕事は終わらない!
あっさりと諦めた。
 
段取りの悪さは第二の選択肢、13時に長良川競技場でキックオフされる岐阜 vs 湘南に及んだ。
要するに、これにも行けなくなってしまったのだ。
昨日もっと頑張っておけば・・・と悔やんでも始まらない。
 
結局全て諦め。好天なのにぃ。情けない。
 
現地にいればハーフタイムに入っている頃、サポ仲間から「エコ T 買っておいてくれ」とメールが来た。
そう、FC岐阜は今日エコライフフェアをやっているんだ。
でも、今日は岐阜にいないんだ。
ゴメン。
 
で、今日の救いはこれだな。
大石選手は旧地元で初ゴールだ。
天敵 INAC に勝った!
なでしこHPによれば今日の注目試合だった。これを制したアルビ L のこれからが楽しみだぞ。
そして湯郷ベルが高槻と引き分け。
6位は見えてきた。もっと上を目指そう。第二クールは始まったばかりだ。
 
応援の皆さん、お疲れさまでした。楽しく新潟へ帰れますね。

ナビスコ大分戦

今日は15時30分から予定があるため、ネット中継でも途中までしかチェックできなかった。
 
試合開始直後に失点し、こりゃまだだめかと思っていたら、いつの間にかこんな画面に出くわした。
 
 
よしっ、今日はなんとかなるな。
後半が始まって少ししてから出掛けた。
 
帰ってきてPCを開けると・・・
こんな風になっていた。
 
まあ、いっけど。どうせ予選リーグ敗退は決まっていたんだし。
問題は内容だな。
これまであまり試合に出ていない選手達が、こういった機会に少しでも成長すれば、たとえ負けたとしても意義がある。
あちこちブログを見てみるか。
 
応援の皆さん、お疲れさまでした。

皆川賢太郎

またまたサッカーネタではありませんが、アルビつながりってことで
 
 
そして、こっちにも。
 
このーっ 
 
おめでとさん。メダルとれよ。

日本 vs カタール

ちょっと前まで横浜へ行こうか行くまいか迷っていて、結局行かなかったら、幸か不幸か、夕方ミーティングが入ってしまった。
帰りの電車の中、携帯で途中経過を見た。貴章は控え。既にOGで日本が1点先取していた。
帰宅して少ししたらハーフタイム。なんか日本選手の動きが鈍い。このまま勝利ってのは情けないぞ。
 
後半間もなくPKを取られる。これは完璧PKだ。でも、全体に今日の審判 はっきり言ってカタール寄りだなぁ。(日本て、嫌われている国なんだなぁ。)
 
日本は松井、興梠を投入し、勝ち越しを狙う。興梠がウズウズしているのはわかるが、真面目に点を取るつもりなら、ここは貴章じゃないのか?
そして3枚目は本田。これで貴章の出番はなくなった。
 
終盤、カタールも動きが鈍くなる。
しかし、日本にとっての危ないシーンが続く。
それにしてもテレ朝の中継はうるさい。
アナウンサーは「強硬日程の中」とか弁解しているけど、カタールだって同じことだ。
 
で、引き分け。
 
なんかなーという試合だった。
まあ、いいけど。貴章も出場しなかったことだし。
 
0時過ぎからヨーロッパ予選が始まるけど、とぎれとぎれだし、そう大勢に関わる試合があるわけでもないし、まあいっか。

なでしこ & ナビスコ

昨晩は岡田ジャパンなんて応援する気にならんとか何とか言いながら、結局W杯予選中継を見てしまった。
いつもながら松木のわめき声と、それを繰り返すだけの角澤アナはなんとかならないかと思いつつもBS環境にない私としてはテレ朝を見るしかなかった。
 
ハーフタイムには海の向う、ヨーロッパで予選ゲームが始まった。
日本時間0時からカザフスタン vs イングランドだ。どうせイングランドが勝つんだろうけど。
そうなるとネットが活躍する。
ユーロスポーツを開いたまま、ライブ中継をサーフする。
一方で、後半日本を攻め続けるウズベキスタン。貴章、大丈夫か?セットプレーではマークを外すなよ、とか心配しながらテレビも見る。
仕事より忙しい。(怒)
 
ヨーロッパ予選の詳細はカット。
結構、動画中継があるもんだ。(適法性は???)
ブルガリア代表のストヤノフが頑張っていた。
 
オランダの南ア行きヨーロッパ一番乗りを確認する前の5時に寝た。空は既に明るくなっていた。
4時間の睡眠で、ちゃんと起きたのは9時。
あと2時間はどこかで寝なきゃ。
 
で、さてさて、今日のアルビは。
オウン・ゴールとは言え、よほど間の抜けた選手がいない限り、全くの偶然におこるものではないであろう。新潟にとっての偶然、浦和にとっての必然 かな。
取られたPKは例によってワケワカランものだったかも知れないが、全くの偶然ではないだろう。これは上の逆。新潟にとっての必然。浦和にとっての偶然。
 
いずれにせよ、今日の結果は評価してよい。浦和 L に勝つのはもちろん、引き分けるのも簡単なことではない。これは第一クールでのベレーザ戦とともに、後々効いてくる気がする。
 
一方、ナビスコ杯は・・・これだけど。orz
いいかなぁ? いいとは思わないけど、仕方ないのかなぁ?