昨日、買い物ついでに花見客で賑わう近くの公園へ寄りました。
毎日バタバタしていると開花情報にも目がいかず情なくなります。
 
そう思ってみると、桜前線も次第に北上し、そろそろ北日本でも満開の時期を迎えます。
新潟県新発田市を流れる加治川(通常、カジガワではなく、カジカワと発音します。)の堤防にはかつて約600本の桜が40kmに渡って植えられ、「長堤十里の桜」として全国に名を馳せていました。
しかし、1966年、67年と連続して「羽越豪雨」に襲われ、そのたびに堤防は決壊しました。
堤防決壊の原因のひとつは桜が根を張り過ぎたためとされ、河岸工事の際、桜の木は全て伐採されてしまったのです。
平成に入り、「かつての加治川を取り戻そう」という動きが現れ、今は公園ができ、桜も植えられ、また新たな装いをみせています。
 
加治川では、そろそろライトアップも始まったでしょう。
たまにはのんびり花見でもしたいなと思う今日この頃です。
 
加治の流れの豊かにも実りの沃野潤せば
文化の花の繚乱と開く城址に人和して
幸呼ぶわが市大新発田
 
   ←クリックで拡大してください。
 水害前の加治川堤(1960年前後?)
 
引っ越しの整理をしていたらこんな絵葉書が出てきました。
それにしてもお疲れモードのなごやんだ。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。