目がショボショボ

昨年の今頃ってブログに何を書いていたかな?と思い、過去ログを見ると、日本代表監督は岡田に代わっていたが、まだ貴章が残っていた。
反町ジャパンに呼ばれた千葉ちゃんが米国遠征に行ったりもしてた。
東アジアなんちゃらというのもあって、非国民の私はイギョラ アン・ヨンハッなんて叫んでたなぁ。
巻が試合中体をいためて、あれは腹じゃなくて胸だ、肋骨だとかなんとかも言っていた。
 
今年はなんとなく静かだ。
まあ、仕事が込み入っているせいもあるだろうけど。
 
この時期、そんな精神状態で現れるのが鼻グジュ目のショボショボだ。
抗ヒスタミン薬にめっぽう弱い私はみんなが使うような花粉症の薬は使えない。
花粉症の薬とか通常抗ヒスタミン薬の入っている一般の風邪薬など飲もうものなら、ましてや、それにチョットでもアルコールをたしなもうものなら、たとえゴックンとしなくても、たちどころにヘロヘロになってしまう。
人前でワケワカランことを言ってしまうこともあるし、あった。
職場なら笑い話で済むけど、外でそんな醜態をさらけ出したら、信用失墜で確実におとがめが来るしね。
だ・か・ら どんなにヒドイ風邪をひいても風邪薬は飲まない。解熱薬等々で対応する。
第一、風邪薬と言ったって、風邪そのものがその薬で治るわけじゃないんだし。
体が思うように動かなければ、もう寝るしかない。
 
花粉症の時は漢方薬+ステロイドの点眼薬+マスクだ。(この漢方薬は漢方薬としては珍しく即効性がある。飲み過ぎると鼻も口もカサカサになって荒れてしまうので要注意だ。)
しかし、花粉症だけだとこの鼻グジュがスタジアムへ行くとピタッと止まるのだからすごい。
スタジアムへ行かなくてもテレビやネットでアルビの試合を見ていると明らかに症状が軽くなる。
 
まあ、デリケートというのかゲンキンというのか、どちらでもいいけど。
 
鼻グジュの今思うのは早くシーズンが始まってほしいということ。それだけ。
 
今日は青いマスクをして寝よっと。
オレンジのマスクも持っているけど、これは勝負マスクだからね。
 
以上、あくまでものことですので。
 
フゥ、なんとかアルビカテに入れ込んだ。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。