なごやのおみやげ & プチ観光

さてさて、ホーム柏戦でアルビは連敗をストップさせました。
9月20日は瑞穂陸上競技場でグランパス戦です。
今度は首位を食ってくれるでしょう。
ただ、台風13号の進路が気になるところです。
最悪、直撃の可能性も・・・
 
まあ、危ういところではありますが、試合の前に、あるいは翌日、初めて名古屋へ来られる方、しょっちゅう名古屋へ来られる方、せっかくですので、名古屋の街もお楽しみください。
 
ということで、名古屋のお土産やちょっとした観光を考えておられる方に私のお薦めを少しばかりご紹介します。
「尾張名古屋は城で持つ」だけではありませんし、きしめんういろうえびせんだけがお土産じゃありませんので。
 
1.食品
サティーのチョコレート
 栄の三越名古屋栄店(地下、食品フロアー)にあり、私の一押しです。
 東京では有名になりましたが、名古屋に1店舗、東京に2店舗しかないフランスチョコレートの店です。(大阪にもない店が名古屋にあった
 本社は名古屋で、定番のシャポーショコラ、ちょっとお値打ちな恋のてっぽうだまは売れ筋。
 私の推薦品はピュアチョコレートで、チョッピリ苦く、本物の味を堪能したい方にはもってこいです。美容にもいいそうです。
 名古屋でチョコレート? なんて言わずに是非お試しください。
 試食もできますので。
 若い人(特に女性)はもちろん、高齢者にも人気のチョコレートです。
すやの栗きんとん
 岐阜県中津川市にある老舗で、秋だけ販売されます。
 以前はちょっとタカピーで、中津川でしか売っていませんでした。
 近年、名古屋では名古屋駅のJR名古屋高島屋、栄(矢場町)の松坂屋本店の直売店以外に栄の丸栄でも取り扱うようになりました。
 あまり日持ちはしませんが、2~3日は大丈夫でしょう。
 尚、三越名古屋栄店では恵那市の「寿や(すや)」の栗きんとんを取り扱っています。すや寿やは親戚関係にあります。
若菜のつけもの
 栄地区のデパートならどこにでもあります。
 丸栄には時にお買い得商品もあります。
 愛知県蟹江市の老舗漬物屋で、材料はもちろん、調味料等にも気を配り、混ぜもののない食品を販売しています。
 最近は東京に店舗を出し、銀座若菜で全国展開してしまっていますが、愛知の野菜、静岡のワサビなどが厳重な管理のもとで栽培され、
 良質の漬物を生産しています。
 中でも得月楼(とくげつろう)守口漬奈良漬はお薦めです。
 奈良漬はもちろん名古屋名物ではありあませんが、若菜の奈良漬ということで紹介しました。
千寿の天むす
 おむすびの中にエビ天を入れた「天むす」は本来「めいふつ 天むす」として商標登録されている三重県津市にある「千寿」の食品です。
 しかし、何故かいつの間にやら名古屋名物になってしまいました。 
 「類似品」もたくさんあります。元祖はあくまで「めいふつ 天むす」です。
 下の「3.その他」に書いた大須商店街の一角にあり、地下鉄上前津駅からのアクセスもよいので、大須をぶらつきながらスタジアムでの
 夕食に求められたらいかがでしょうか。
 松坂屋本店地下2階の通路に面した店もあります。
まるや、カクキューの八丁味噌
 私自身はこの味噌を好きではないのですが、味噌はその土地の食文化を支える重要な調味料ということで紹介します。
 大豆を使ったこの味噌は味噌カツ、味噌煮込みうどんなどには欠かせません。
 赤出しは一種の合わせ味噌で、どこでも手に入りますが、こちらへ来られたら、是非八丁味噌そのものをどうぞ
 八丁味噌のルーツは名古屋ではなく岡崎でまるやカクキューなどが老舗として有名ですが、その他にもいろいろあります。
 名古屋で求めやすいのはJR名古屋高島屋地下食品売り場にあるカクキューのコーナーでしょう。
 まるやの八丁味噌は三越名古屋星が丘店で買えます。
敷島製パンのなごやん ^ ^
 えっとぉ、ナンでしたらここをご覧ください。
 特にどーってことのない商品ですが、キティちゃんバージョンなんていかがでしょうか。
 なごやんご希望の方は、あちこち探しまわるのがめんどうなので、名古屋駅構内のKIOSKでどうぞ。
 まあ、単に名古屋土産ってことで、あまり深く考えないことにしましょう。
 
2.非食品
ノリタケの陶器
 名古屋が本社で世界に誇るノリタケチャイナが割安にお求めいただけます。
 場所は「ノリタケの森」で、地下鉄東山線「亀島」駅が便利なのですが、名古屋駅から歩いてでも行けます。
 ノリタケの森を観光地として楽しもうとすると1日懸りになってしまいますが、陶器の好きな人なら一見の価値があります。
 お土産品もなかなかですよ。
 ここのアウトレットショップではノリタケの製品を市価の20~30%引き、あるいは半額以下で買うことができます。
 別に粗悪品を売っているわけではなりません。
 ただし、贈答用の化粧箱サービスはありません。
 ノリタケの森全体が博物館のようになっていますが、ショッピングだけなら入場料は不要です。
 もちろん、陶器だけでなく、ノリタケブランドのカッタリーもあります。
 高級品を手ごろな値段で手に入れるチャンスです。
 9月23日までボックス期末感謝祭を開催中で、よりお値打ちな価格(30~40%引き)で買えるようです。
ドラゴンズグッズ
 サッカーはアルビ、プロ野球は中日ドラゴンズという人も稀にはおられるでしょう。
 この機会にドラゴンズグッズを手に入れたい方、最もてっとり早いのは地下鉄で名古屋ドームへ行くことです。
 そこの2階にあります。
 この辺をぶらつくのはドラファンにとっては楽しいかも。
 もちろん、ドアラ君人形もあります。
 名古屋ドームは瑞穂陸上競技場から最も近い駅である「瑞穂運動公園東」と同じ名城線にありますから、とてもわかり易いですし、
 瑞穂へ行くついでに立ち寄ることも可能です。 
 
3.その他(チョット観光含み)
大須界隈
 名古屋城、東山公園、水族館、名古屋ボストン美術館も名古屋の歴史・文化施設なら、大須もまた別の意味で名古屋文化の一面です。
 ジワジワとシャッター通り化する名古屋の老舗商店街の中にあって、古い伝統の街大須は近年若者の街へと大きく変わりました
 ジーンズ、スニカー、I T 機器等の量販店が並び、広場では大道芸人が何やらやっています。
 全国的にも名高いコメ兵大須セブンなどの質流れ店では良質の商品を安く買うことができます。
 質流れだからといって無責任に売りさばいているわけではありません。
 これも観光と思い、ぶらぶらしながら良い物を安く買われたらいかがでしょうか。
 そうそう、某店でアクセサリーの修理等をやっているお兄さん、凄くいい腕していますよ。しかも市価の半値ぐらい。
 かなりの難題にも応じてくれます。このネックレスのこの真珠とこの真珠を使ってピアスを作って、しかも元のネックレスの形を整えるとか。
 材料費で儲ける気はないので実費でOK。
 店の仕事としてやっているわけではないので公表していません。
 公表すると注文が殺到することが目に見えているので、知ってる人は知っているってことで・・・(これ、フツーの名古屋人は知らないからね。)
 もちろん、まだ古くから続く店も残っています。
 地下鉄は大須観音より、むしろ上前津の方が便利ですが、大須観音で願をかけてからとういうのでもよいでしょう。
徳川美術館・蓬左文庫
 いかにも名古屋らしい美術館で、観光地をどこか一カ所と言ったらここをお薦めします。
 瑞穂陸上競技場からさほど遠くない場所に徳川園という庭があり、そこに徳川美術館と蓬左文庫が並んでいます。
 そのひとつ、蓬左文庫では現在、妖怪絵本-もののけ・お化けの世界-という企画展をやっています。
 それ以外にも、現在話題になっている源氏物語にまつわる様々な芸術品が置いてあります。(こちらの方が見ごたえあるかも。)
 アクセスは名古屋駅から基幹バスに乗るのが最も便利ですが、JR、地下鉄でも少々歩けば行くことができます。
 ミュージアムショップでの買い物は気の利いたお土産になることうけあいです。
ミッドランドスクエア
 名古屋駅前のまん前にある46階建ビルです。
 世界のブランドがずらりと並んで、セレブに人気です。(かな?)
 ここを見ていただくとよくおわかりのように、カタカナの店がたくさんあります。
 私はまだ行ったことがありませんが、名古屋の新しい観光名所でもあるらしいですので、好奇心と少しばかりの金銭的余裕のある方はどうぞ。
 首都圏サポにはどうってことないですね。
 
※名古屋の交通について: ニチエコきっぷ を有効に使いましょう。
上に書いた地域は名古屋駅周辺か地下鉄で行くことができる場所ですが、徳川園へはバスが便利です。
バスは市内一律200円地下鉄の最低料金は200円です。
公共交通機関を3回以上利用される方は、最初に乗る地下鉄の駅でドニチエコきっぷ600円(小児300円)で買われるのがお得です。
200円区間を3回だけ使われる方も、その度にきっぷを買う必要がなく、便利です。
これで一日一杯地下鉄、市バスは乗り放題で、徳川美術館、蓬左文庫、名古屋城を含むいくつかの観光地で入場料が割引になります。
 
以上は私の目から見たお薦めですので、外れた場合は悪しからず。
ついでに、名古屋のアクセントはゴヤではなくゴヤだでよぅ。
間違えておくりゃあすな。
 
おことわり
本当はこのブログに店舗や商品の画像を入れる予定でした。しかし、いくつかの店では掲載や写真撮影が許可されませんでした。
許可をいただいた店や商品だけでも写真をつけようかと思ったのですが、一律に画像なしにすることにいたしました。写真撮影・ブログ掲載をお許しいただいたお店には申し訳なく思いますが、ご了承ください。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメント

  • ひげじい  On 2008年9月20日 at 16:35

    なごやんさんの豆知識(名古屋おすすめマップ)、いつもながら勉強熱心で知識豊富(博識)で頭が下がります。
    早速プリントアウトして、ファイルに加えました。
    このファイルは、”ひげじいの雑学ファイル”といいます。「あっ!ためになるな。」「あっ!良いこと聞いたな。」というような情報に関しては、何でもファイルに綴じるクセがあります。
    ファイルがどんどん増えて困りますが・・・。
    野球でいえば殿堂入りみたいなものです。

  • なごやん  On 2008年9月21日 at 10:48

    ひげじいさん
    昨日は名古屋に名古屋のゲームをされてしまい、いまだにブログ更新の意欲が湧いてきません。
     
    >いつもながら勉強熱心で知識豊富(博識)で頭が下がります。
    えっとぉ、デパートも大須商店街も知識というより、私の日常生活ですので・・・
     
    >ファイルがどんどん増えて困りますが・・・。
    はあ、そうだと思います。
    ファイルするなら出来る限り電子媒体にした方がいいですよ。
    物が増えると、後に残された者の迷惑になりますし。
    あっ、これ、自分のことも含んでいますのでね。(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。