ブンデスリーガの話

 
今日の一般紙朝刊スポーツ欄に小さな記事が載っていた。
ドイツブンデスリーガ1部のフランクフルトが9月12日にホームで行われる予定だったカールスルーエとの試合を代替日未定のまま延期したというのだ。
理由は9日に行われたマドンナのコンサートで芝が傷み、補修が間に合わず、選手が怪我をする可能性があるからだという。
振り返って4月にヴェルディー戦で見た味スタの芝の状態を思い出した。
やはりコンサート後にあの芝の状態になったそうだ。
そして、選手はよく転倒していた。
 
フランクフルトの芝の状態が実際どのようなものかはわからないが、芝の状態が悪いから試合を延期するドイツはさすがだ。
 
だから人工芝に替えようなどという考えはおこさないでほしい、ねっ、犬飼さん。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。