元アルビL 岡林亜希代選手

新潟がホームで大分に敗れた8月16日、愛知県豊田市では第63回国民体育大会(大分)、サッカー女子の東海地区予選が行われた。
東海地方は静岡、あるいは伊賀FCくノ一単独の三重県の独壇場で、これまで愛知県は影の存在だった。
しかし、今年はもしかすると何とかなるんじゃないかという声がどこからともなく聞こえてきた。
東海地区の今年の出場枠は2県で、岐阜×三重の勝者愛知×静岡の勝者が大分へ行ける。
愛知県のチームは名古屋FCレディース豊田レディースFCの混成。
名古屋FCレディースには2005年までアルビレックス新潟レディースのDFだった岡林亜希代選手がいて、彼女も愛知チームに選出されている。
新潟での岡林はDFではあったが、本人が「本当は守備はそんなに得意じゃないんです」と言うように、どちらかと言えば攻撃 が好きで、2004年の全女ではFWとして出場し、初戦でハットトリックを成し遂げたりもしている。
 
元アルビレディース戦士ということで、私は応援と称してブログネタ捜しに豊田市まで行くことにした。
豊田市はとてつもなく広く、豊田スタジアムでもアクセスに難ありなのに、会場のある豊田市運動公園はその奥の「名鉄猿投(さなげ)駅」から私の足で徒歩15分位のところにある。
新発田駅からグリーンスタジアムしばたへ行く距離の3分の2くらいだ。
「おいでんバス」という一種のコミュニティーバスもあるのだが、1時間に1本のため、電車との乗り継ぎなどを考えると、まるで役に立たない。
仕方なく、やや雲はあるものの晴天のこの日、日焼け止めをバッチリ塗り、約1時間かけて、名鉄でまず猿投まで行った。
  以前はこれより奥まで電車が行っていたらしいが今は廃線になっている。
 
「おいでんバス」の時間まで30分以上あったため、この駅から歩いて競技場へ行った。
途中の雰囲気はレイソル戦で柏の葉キャンパス駅から裏道を通って柏の葉公園へ行く道をもう少し田舎風にしたような感じである。
16時30分キックオフで35分ハーフだから、順調に行けばタイムアップ後すぐに帰ってネットで新潟×大分戦を前半の早い時間帯からチェックできる。
 
競技場に着いたのが15時30分頃で、そろそろ第一試合が終わるところだった。
  岐阜(オレンジ)対三重(グレー) 2-1で三重が勝利。三重が国体出場。
 
程なく試合終了となったが、掲示板もアナウンスもないので、何がなんだかわからない。
その辺に座っている人に聞いたら、2-1で三重(伊賀FCくノ一)が勝ったということだった。
 
この試合が終わったころ、名古屋FCレディースのサポーター(まあ、選手のパパさん中心ですが)が入ってきて、太鼓の用意をし始めた。
  選手の家族中心の愛知チームサポーター(名古屋FC太鼓隊を含む)
 
16時30分キックオフだが、何のアナウンスも掲示もない。
メンバー表示はおろか、チーム名も、スコアも出ない。
まあ、じゃあ、今からやろか。てなもんだ。
サポーターに聞くと、「東海大会はいつもこうですよ。」とのこと。
レフェリーの合図に従って粛々と試合を進めるだけのようだ。
先発選手の背番号を見て、そのサポーターさんが順次選手コールをしてくれた。これが唯一の「選手紹介」であった。
名古屋FCのサポーターさんなのに豊田FCの選手もよく知っているので不思議に思って聞いたら、「いや~、(娘達が)小学校の頃からしょっちゅう一緒に練習したり試合したりしているんで、もう家族ごとよく知ってるんですワ。」だって。
そうは言っても「声出しサポーター」はこの一群(数名)だけ。
まあ、みんな拍手だけは合わせていたかな?
私は・・・特に愛知サポーターというわけでもないので、静かに試合を観ていた。
が、時折、「そこだ、勝負だ、勝負しろーっ!」とか、「つなげー!」とか、「右だ、右へ出せ!」とか言ってしまったような気もする。
まあ、私の中に座ってサッカーを観戦するという文化がないので、やっぱり立ちっぱなしだった。
 
元新潟L の岡林は背番号8でボランチとして先発した。
  #8岡林はチームの中心。堂々としていた。
 
とても若いチームで、岡林は明らかにこのチームの牽引役だ。
試合は全体として静岡が優勢で、パスもよく回り、愛知ゴールを脅かした。
しかし、愛知も少ないチャンスを生かそうとする。
岡林も再三再四シュートを放つが、わずかに枠を外れたりキーパーに阻まれたりしてゴールを奪えない。
愛知が得たCK、FKは岡林に任されていた。
   
          CK(前半17分)                               FK(延長前半4分)
 
前半を終わって0-0。勝負は後半に持ち越された。
ハーフタイムには夕立のような雨が降ったが、後半開始前にはほぼ上がった。
 
後半も静岡が攻めるが愛知はよく防ぎ、カウンターをかける。
しかしゴールを割れない。
結局0-0のまま10分ハーフの延長戦に突入した。(オイオイ、これでPK戦になったらアルビの試合が終わってからしか家に着けないぞ。)
で、ついにPK戦。
18時を大きく回り、曇り空も手伝って薄暗くなってきている。
夜間照明装置のないこの競技場は特にキーパーには可愛そうだ。ヒデーところでやるもんだ。
 
PK戦は愛知の先攻で、ファーストキッカーは岡林。
  岡林、PKを決める。(ピンボケは暗くてシャッター速度が遅いため。)
 
愛知は4人までPK成功。一方の静岡は2人目がゴールポストに弾き返され失敗。
そして愛知は5人目のキッカーがゴールに蹴りこみ試合終了。
愛知が8年ぶりに国体出場を決めた。
  国体出場決定を喜ぶ愛知チーム(右下横向き#8が岡林) フラッシュが十分届かず暗い!
 
試合後、岡林は「自分のシュートが決まっていればもっと楽に勝てた。」と言っていた。(そりゃ、その通りだ。)
新潟にいた選手が新潟を離れても活躍しているのを見るのはとても嬉しい。(ただし、千葉へ出戻ったナンチャラは除く。)
 
場所はアルビレッジ。
新潟大好きな岡林選手も応援に行くそうだ。(ブログ掲載については岡林選手本人の了承済み)
女子プレーヤーにとって、国体も重要な大会のひとつだ。
西京極での京都戦に行かない、あるいは行けないサポーターは是非アルビレッジに足を運んでほしい。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメント

  • 猫ムスメ  On 2008年8月17日 at 22:50

    北信越予選、新潟開催なんですねぇ。杯侍も、サッカーして強いチームに入って注目されてJリーガーになって、海外に呼ばれて、
    ファンタジスタにならないかなぁ・・・
    ・・・言うだけタダですよね(笑)

  • なごやん  On 2008年8月18日 at 07:27

    猫ムスメさん
    おはようございます。
    >杯侍も、サッカーして強いチームに入って注目されてJリーガーになって、海外に呼ばれて、ファンタジスタにならないかなぁ・・・
    教育ですよ、教育。
    小さい頃はみんな似たり寄ったりの才能を持っているんで、親が何に目を向けさせるかでしょうね。
    アルビはトップチームだけでなく、レディースも頑張っているんで同じように応援しましょう。
    (と言いつつ、私はなかなか遠出しないんだけど。)

  • ひげじい  On 2008年8月20日 at 10:35

    なごやんさんには驚いています。
    女子サッカーの応援にまで出掛けられて、その行動力に感心します。
    もう一つ驚いた事があります。
    ひげじいは週一回、おふくろの買い物の為にスーパーに行っていますが、最近の枝豆は枝から取られた状態で袋に入って、群馬産や岩手産等ブランド別に並べられていて驚きました。
    なごやんさんの茶豆の記事を読んでから意識して枝豆を探すようになり気付いた事です。
    茶豆の記事を読んでからは、枝豆をキリギリス作戦の一つに取り入れています。
    ひげじいは自分で茹でるのが面倒なので、茹でられて袋に入っているものを買ってきて、きゅうり・トマトの他に植物性タンパク源としてその枝豆をキリギリス作戦の晩のエサ代わりにしています。(ビールは飲めないので・・・。)
    ところで、豊田総合グラウンドは先日、ひげじいが出場したねんりんピック壮行会をやったばかりのグラウンドです。
    今は高速道路が近くまで通っているので浜松から行くには便利です。
    年二回はそのグラウンドでシニアの試合をやっています。

  • なごやん  On 2008年8月20日 at 21:50

    ひげじいさん
     
    >なごやんさんには驚いています。その行動力に感心します。
    私にとって土曜日は1週間でただ1日、完全に仕事から解放される日と決めているんです。
    まあ、なかなかいつもというわけにはいきませんけどね。
    元々多動症でして ^ ^;
    もう少し若い頃は「ジャパニーズ・ビジネスマン」を地でいってましたよ。
    ハイパーアクティブなんて言われていい気になってね。
     
    >最近の枝豆は枝から取られた状態で袋に入って、群馬産や岩手産等ブランド別に並べられていて驚きました。
    枝豆だけじゃないですよね。その他の野菜、肉、魚等々。
    だから産地偽造なんて起きるんですね。
    私は ♪ボロは着てても食材は錦 なんですワ。
    結構こだわっています。
     
    >ひげじいは自分で茹でるのが面倒なので、茹でられて袋に入っているものを買ってきて・・・
    ダメ!でしょう。
    枝豆は茹で具合、塩加減でまるで違いますよ。
    売られている製品の茹で方が自分に合ってるとは限りませんからね。
    たとえ黒崎茶豆でも茹で方を間違えると、せっかくの味が泣いてしまいますから。
     
    >豊田総合グラウンドは先日、ひげじいが出場したねんりんピック壮行会をやったばかりのグラウンドです。今は高速道路が近くまで通っているので浜松から行くには便利です。
    そうでしたね。
    私は車を持っていないので、もっぱら公共交通機関+徒歩またはレンタサイクルです。
    この冬~春は、もう一つ仕事ができるかもしれません。
    場所は豊川でも浜松でもなく豊橋です。って想像できますか?
    私にとっての初体験です。
    またそのうちブログに書きます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。