Monthly Archives: 5月 2008

ナビスコ大宮戦@熊谷

 
熊谷行きを断念した私は作業の手をチョット(いや、完全に)休めてネットに向かった。
開くはいつものJ’s GOAL日刊スポーツニフティ、それにワケワカラン香港の速報サイト。
 
試合開始早々亜土夢のシュート。
アルビの攻撃が続く。
しかし20分から日刊スポーツの情報は止まったきり。
「33分、デニス・マルケスの左足シュートは枠外」が出ると、急に画面が賑やかになる。
そして、前半39分 ゴール!! マルシオ・リシャルデスの1号 「中央11メートルから右足ライナーで決める。アシストは内田」
J’s GOALでは  がフラッシュ。新潟が先制する。
 
その前にマルシオのCKがあるから、ショートコーナー→ウッチーがつなぐ→マルシオが走り込む かな?
 
後半、アルビは交代なし。
大宮がガンガン攻めているようだ。
森田はゴール前に顔出さんでよし!
ボール支配率も大宮が上回っている。
でも、まあ、アルビの守備は大丈夫だろう。
 
ん、でも後半33分、森田だ! 余計なことしてくれるな! 大宮 1-1 新潟
とにかく勝つしかないんだ。
攻めろ、新潟!
もう1試合はマリノスが追い着いて、引き分けになりそうだ。
付き合いで引き分けとっちゃいかんて。
 
でも、結局引き分け。
これで予選敗退決定。
せっかく、せっかく、大分とマリノスが引き分けたのに。
残念。
 
雨の中(?)、現地応援のみなさん、お疲れさまでした。
広告

ガクッ orz

 
昨日、お江戸から呼び出しがかかり、今日、日帰り出張してきた。
その結果(詳細割愛)、明日は熊谷へ行けないことになった。
サポーターなら行くんだ!とか煽っておいて、自分が欠勤だなんて・・・
こんなことならチケットを持って行って、首都圏サポに譲ればよかった。
またチケットが1枚無駄になった。
 
現地で応援されるみなさん、まだまだ諦めてはいけません。
ナビスコ杯予選突破目指して選手を後押ししましょう。

貴章W杯予選メンバーに選出!

 
矢野貴章選手
 
【2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ アジア3次予選】
 
日本代表メンバーに選出
 
おめでとう
 
試合に出場し、結果を出すよう頑張ってください。

我那覇選手

 
岡田ジャパンが27日、がら空きの埼スタでパラグアイを相手にいつもながらの決定力のなさをさらけ出し、結果として勝ちきれず今後に大きな課題を残す一方、スイスのローザンヌから朗報が飛び込んできた。
昨年、ドーピングというこうとで川崎の我那覇選手がJリーグから受けていた処分を取り消すというスポーツ仲裁裁判所の決定だ。
選手が自ら故意あるいは未必の故意で禁止薬物を使用したなら別だが、もし個人に非があるとすれば、それは選手に対してではなく、診察した医師に対してであろう。
専らスポーツ選手の診療に当たる医師(クラブの専属医師等)や患者がスポーツ選手であることを知っていて診察する医師は、使用しようとする薬物がドーピングの対象かどうかをチェックすべきである。
まあ、医師を気遣うなら、選手が医療機関へ行く際には禁止薬の一覧表を持って行くなどしてもよい。
サッカー選手が医師の不手際で使用禁止薬を使用してしまった場合どのように対応すればよいかよくわからないが、例えば陸上競技だとしたら、理由の如何を問わず薬物を使ったことが事実であるから、その記録は取り消すが、選手個人の責任は問わないというのがフェアーではないだろうか。
 
もっとも、今回の場合、医療行為自体は正当に行われ、Jリーグの当時の認識そのものに問題があるとされた。
従って、今回の裁定は我那覇選手とともに、診療に当たった医師にとっても勝利であった。
鬼武チェアマンがあわてふためいて埼スタから事務所へ戻ったのは当然である。

 

なにはともあれ、我那覇選手が「無罪」になったことは喜ばしい。
そして、我那覇選手を不当に出場禁止としたことに対する責任をJリーグはとるべきである。
試合結果が覆されないとすれば、せめてその間の出場給等選手個人が受けた不利益を補填すべきであろう。
また、当然ながら我那覇選手の名誉は回復されなければならない。
Jリーグがどのような形で我那覇選手に謝罪するのかもしっかり見てみたい。

ナビスコ横浜M戦@ニッパ球

 
私が2日連続でスタジアムへ行ったのは多分初めてではないかと思う。
前日の「写真消失」で意気消沈していた私はイマイチ気力がなく (って訳だけじゃないが) グズグズして、結局新横浜駅に着いたのが13時34分だった。
天候が心配されたが、幸い雨は降っていない。
地下鉄で三ツ沢上町まで行く。
横浜市営地下鉄の三ツ沢上町駅は深いところにある。多分、京葉線の東京駅と同じかもっと深いのではないか。
地下鉄の「全ての席が優先席」だそうで、これは当たり前と言えば当たり前だけど、はっきり言われると効果は抜群だ。
駅から球技場のある公園まではなだらかな坂道を8分くらい歩けば着くのだが、それからショートカットしようと思ったら公園の中の “山道” を歩くことになるので、午前中まで降っていたと思われる雨の影響でドロドロになった道に足を取られそうになりつつ歩いた。(スニーカーが汚れちゃうよぅ。)
私の歩行速度はそう遅くはないつもりだが、そのそばを若いオネエチャンが平気で通り抜けて行った。雰囲気からマリサポだ。
私を追い抜くとは生意気な!と思いつつも彼女の後についていくのが早道であることは疑う余地がなく、その通り行ったら約2~3分でスタジアムに着いた。全行程11分くらい。
 
しかし、アウェーの洗礼かどうか、ビジター席まではグルッと回らされた。
 
傘を持ち、ポンチョを携え、寒さ凌ぎの長袖シャツをバッグに入れ、万全の雨対策をしていったのだが、降るどころかだんだん日がさしてきた。
うっ、こんなことなら日焼け止めクリームを持ってくるべきだった!
 
スタジアムへ着いてまず行ったのはハマのイケメン、われらがツアーコンダクターユーリ・マロエフ氏からサインを いただく ことだった。
同氏は某サッカー誌の特集、「We are サポーター」(本当はサポーターだろうが。)の「サポーターウォッチング100に堂々掲載された有名人、そしてサポのお手本だ。
恐る恐る雑誌を差し出すと、氏は気さくにサインに応じてくれた。(写真参照)
ペンは「サッカーの素 Ⅳ 世」。
この雑誌は私の「アルビ箱」に入れて大切に保存しよう。
 
貴章アレのいないFWは河原マルシオ
試合は両チームとも決定力を欠き、スコアレスドロー。
北野の好セーブが再三見られた。
アルビも惜しいチャンスはあったが、なかなか・・・
 
後半途中、寺川に代わって亜土夢が、河原に代わって川又が入ったが、川又は約10分で長谷部に代えられてしまった。
監督談では「パフォーマンスを見て」とのことだが・・・
まあ、2人とも出場給が付くくことだろうし、いい機会だったと思う。
堅碁は牧内ジャパンで鍛えられ、ひとまわりもふたまわりも大きくなって帰ってこいよ。
 
試合後、なんやら首都圏後援会の総会があったようで、関東サポは三ッ沢上町から横浜方面へ向かった。
20時に店が閉まる健全都市名古屋に住んでいる私としては日曜日ぐらいは健全に夜を迎えるため、新横浜方面の地下鉄に乗り帰宅した。
帰宅後、2日分のレプユニやらタオマフやらを洗濯した。
入浴を済ませると、もうブログを書く気力は残ってなく、23時前に爆睡した(ようだ)。
 
さてさて、ナビスコ予選突破の可能性は極めて少なくなったが、今週土曜日は熊谷で大宮戦。
予選通過が難しかろうと、チーム状態がどうであろうと、時間と経済が許す限り応援に行くんだろうな、サポーターとしては。
 
 ハマのイケメン、ユーリ・マロエフ氏とサイン

大失敗

 
5月24日、豊田スタジアムで行われた、キリンカップサッカー2008を観戦した。
この日の愛知県は午後から雨模様で、だんだん雨脚は強くなってきいていた。
しかし、新潟のサポ仲間が浜松の「矢野貴章君を応援する会」事務局から借りてきた横断幕を掲出するため14時少し過ぎにスタジアム入りし、他サポと場所等を調整した。
16時過ぎに入場。
われわれの席はホームゴール裏2階だが、ダンマクに割り当てられた場所はバック。
とにかく現場で貼って席に戻り、遅い昼食だか早い夕食だかなんかわからない食事をし、キックオフを待った。
 
スタジアムに三々五々観客が集まってくる。
ユニを着ている人たちの背番号で目立つのは、やはり10(俊輔)16(ワルガキ)
11(玉田)も比較的多いのはやはり地元のせいか?
20は?・・・・あった、あった。結構20があるやん。
でもその上に書いてある選手名はTAMADA
それ、ジーコジャパンののヤツだよ。
われわれのすすぐ傍の席にいた小学校低学年のボクちゃんは青ユニ着ていて、背中はDROGBA!!!
                                                         ↑
                           これ、君がファンなの?それともお父さん?怪我して不参加で、残念だったね。
 
で、キックオフ前にゴール裏のコア部分では玉田チャントの練習!
あのねぇ、いくらA代表の試合が初めてだっていっても、グランパスの試合じゃないんだからさぁ。
 
アナウンスでGK楢崎が紹介されると大声援。
FW玉田のところでも楢崎以上の声援。
 
さて、ゲームはスタジアムで、テレビ(テレ朝だから、本当のサッカーファンは見てないか)でご覧の通り。
コートジボワール選手の動きがよくない。
私がこれまでネット等々で見てきたコートジボワールとまるで違う。
疲れているんだろうね。
 
前半20分、玉田のゴールは見事だった。
スタジアムは大歓声。(玉田チャント、練習しておいてよかったね。^ ^)
 
後半、選手交代はなし。
しかし、後半29分、玉田に代わって貴章投入。これ、われわれも想定外。
正直、この交代の意味はよくわからなかった。
「今日のコートジボワールならもっと得点できる」と読んだのか、あるいはこの試合は貴章を試し、パラグアイ戦で巻か誰かを使おうとしているのか?
なにしろ岡チャンのことなので・・・
それでもスタジアムからは「ヤ・ノ・キショー!」の大コール。嬉しいね。
 
これまたご存じのように終了に近づいたところで貴章が中央をドリブル突破。さあ行くぞ!と思わせたが相手がクリア。
でも大きな見せ場を作ってくれた。
 
楢崎の好セーブやコートジボワールのシュートがポストに嫌われた場面もあったが、この日のコートジボワールに得点される予感がしなかった。
となれば、日本はもっと得点してもよかったのではないかとも思う。
守備はしっかりしてきたが。
 
試合終了後、ダンマクを外し、人の少なくなったスタジアムを後にし駅へ向かった。
一本しかない道は長蛇の列! 往路15分の道を30分かけて辿り着き、ホームに入ったら臨時電車が目の前を出て行ってしまった。
最終電車でなくてよかった。
 
ところで、私はこの日、失敗の連続だった。
 
その1.街で食事を調達した際、ゲーフラ用のつっぱり棒を店に置き忘れてきてしまった。これはかわいい。
その2.帰りの電車のでうっかり1駅乗り過ごし、次の駅で反対方向の電車に乗り換えたため、帰宅が大幅に遅くなった。蓄積疲労か?
その3.これが最大!!!!!!
     珍しく数十枚撮ったデジカメの写真をPCにコピーし、「よし!」と思い、デジカメのカードから画像を削除した。
     そして、それを整理しようとすると。
     画像がない!!!!!!!!!!!
     ん、ゴミ箱は?・・・・・・・・・・うううっ、既に空にしてしまった。
     もう一度カードの中身をチェックすると・・・・・・・・・やはり残っていない!
     結論:この日撮った写真は一枚も残っていない!
 
応戦する会事務局のみなさん、申し訳ありません。
せっかく掲出した  やらいまいか 矢野貴章  のダンマク、縦書き  矢野貴章  ののぼりの写真は一枚もありません。
ここにも乗せられません。orz orz orz orz orz
三ツ沢は雨のようだし、参戦どうしようかな。ショックで今一モチベーションがわかない。(ウジウジ)
まずは朝飯にしよっと。

さあ豊スタだ

 
5月21日の一般紙、ローカル面に5月24日(日本代表×コートジボワール代表)、25日(ナビスコ杯 名古屋×浦和)のことが大きく取り上げられていました。
豊田警察署は愛知県警と協力して警備体制を強化し、24日は70名を配置するそうです。
 
また、翌25日は、(名古屋グランパスの対戦相手が浦和レッズである)今回の試合に限り、通常の試合の約2倍の警備員を動員します。
                            ↑
   これ、浦和サポの皆さんには心外かもしれませんが、私のコメントではなく、豊田警察署&愛知県警の判断ですので・・・
 
24日の交通機関ですが、名古屋市営地下鉄直通の名鉄電車豊田線は試合終了後、名古屋方面へ向かう列車を増発します。
愛知環状鉄道は新豊田から瀬戸、高蔵寺方面へ向かう電車を増発します。
 
意外だったのは、豊田スタジアムでA代表が試合を行うのは、2001年にこのスタジアムが出来て以来初めてということです。
そのため、警備も慎重にならざるをえないとのことで、まあ、慣れないことをやるというのは大変です。
愛知県サッカー協会もこのテの試合には慣れていないようで、色々尋ねても岡ちゃん状態(あっ、イキアタリバッタリってことです。)だしぃ。
 
そんな警備をかいくぐって暴れてきま・・・ちゃう、ちゃう、応援してきます。(^ ^)
貴章に出場チャンスがあるといいな。そしてゴールして・・・
でも、岡ちゃんに潰されないようにだけはしないとね。

ブログランキング

 
私のブログの左上から2番目のモジュールは「ブログランキング」です。
このブログランキングに登録したのが4月18日のことで、1か月を少し越しました。
ブログランキングと書いてある下の blog Ranking をクリックすると10点入ります。
1週間の合計得点でランキングされ、得点順に並べられます。
同じIPからの得点は1日に1回しかカウントされません。
私は自宅のPCと職場のPCから毎日1回ずつクリックしますので1日20点入りますが、土日は休みで職場へ行きませんので、1週間での得点はは120点です。
この得点が最近500点になることもあるようになりました。
500-120の約380点は、私以外の人がクリックしてくれた回数ということになります。
 
で、何が言いたいかというと
 
まず、殊勝にも blog Ranking をクリックしてくださっている方々に感謝いたします。
 
また、これまでお気づきでなかった方は、このブログを覗かれたついでに blog Ranking をクリックしていただければ幸いです。
私のブログは現在、おかげ様で第1ページ(1~50位)にありますので、そこの「なごやん」をクリックしていただくと、今度はそこから私のブログに飛び、それもOUTとしての得点になります。
 
ワンクリック詐欺ではありませんのでご心配なく。
 
ブログランキングが上位になったからといってどうってことはないのですが、まあ、せっかくですのでよろしくお願いします。

アウェー 神戸戦

 
今日も用事のため現地応援できない私は、仕方なくネットで試合を追った。
試合開始後、数字だけ見るとアルビが押し込まれているようだ。
そして前半31分、神戸の大久保が、あの大久保がゴール。
くーっ、先制されたか!
 
その後も神戸が攻める展開のようだ。(と、ネットを見る限り思える。)
しかし、前半41分、アレッサンドロ
アルビ、同点に追いつく。
 
後半に入り最初は打ち合いの様相を呈したが、すぐに膠着状態になったようで、試合が動かない。
後半32分までに神戸は交代枠一杯の3人を代えてきた。
アルビは後半19分の寺川本間だけ。
さあ、これからが勝負だ。
引き分けじゃダメだ。
これから試合のあるエスパルスかヴェルディに抜かれる可能性がある。
39分、アレが退き亜土夢が入る。
さあ、行くぞ!
 
しかし、日刊スポーツニフティも情報は44分で止まったまま。
ロスタイムに見せ場なしか?
そして 1-1 のまま試合終了。
 
試合経過だけを文字で追えば、アルビがよく引き分けで凌いだというべきなのでしょうか・
 
現地応援の皆さん、お疲れさまでした。
勝ちたかったですね、本当は。

貴章、選ばれたが・・・

 
あの岡田監督が、戦略不明の岡田監督が、いきあたりばったりの岡田監督が・・・
 
貴章を貴章を、貴章を、キリンカップサッカー2008に招集した(@▽@)!
 
はっきり言って・・・嬉しい。
しかし、また中途半端な使われ方をされないかと思うと・・・心配だ
貴章抜きアルビも・・・気になる
 
FWはアレ以外に河原川又だけ。
いいかナビスコ?←アレが出場停止だってこと、後で気付いた。FW2人。あとは「攻撃的」MF陣。
でもチャンスだぞ河原川又。フル出場だ。
 
ポジティブな私は、たとえどのような使われ方をされようと、代表に選ばれ、その中で生活することは必ず本人の身になるはずだと思う。
そして、それはそのままアルビにとっても力になる。
 
まあ、なんだかんだ言いながら、24日は豊スタで貴章ゲーフラ掲げてくるゾ! 
あっ、25日は三ツ沢だから連チャンだな。
 
18日、ホムスタへ行けない分まで声出してくっか。