東アジアサッカー選手権2008決勝大会 韓国戦

 
やはり今日も貴章は先発から外れた。
 
こりゃ、日本は後半35分に0-1の劣勢で貴章を投入し、貴章が終了間際に1点を返すも、そのままドロー。
第2試合で北朝鮮が中国を大量得点で撃破し優勝。
日本は3位。
川淵キャプテンが貴章投入の遅れに激怒。
岡田監督の進退問題に発展。
 なんて考えながらテレビを見る。
 
前半15分、韓国がヨム・キフンの見事なシュートで先制!!!!(くどいようだが、私は「ニッポン チャチャチャ」じゃないんで。あっ、もちろん「テーハミングッ ● ● ●●●」でもないけど。)
ん、私の思いが伝わったかな?
前半28~29分、韓国ゴール前でボールの奪い合い。
田代を含め前戦の選手がプレスをかけられない。
貴章ならここはバッチリ韓国の動きを止めているのに。
前半は結局0-1で韓国リードのまま折り返し。
後半は播戸の投入だな。
韓国は各選手の役割分担と狙いがはっきりしてるね。
 
後半開始。
選手交代はなし。ん、逆襲しなくていいの?
で、安田がアップ?
意図がよくわからないのは私だけ?
元気だから?
後半23分、山瀬のゴール。
中澤、山瀬は元気だなぁ。
引き分けでは優勝できない日本は後半33分、ようやく貴章の投入。
そして40分には播戸。
しかし、時既に遅し!!
結局1-1のドロー。
結果は予想通りだが、日本ゴールが貴章でなく、山瀬だった。
短い時間で貴章が決勝点をあげてくれたら評価はドーンと高まったんだけど。
 
まっ、貴章は怪我をしなかったんでよしとしよう。
帰国後J-STEPだね。
もうすぐリーグ戦だ。
しっかり頼むよ。
 
追加:
私の考えと似た論調がありました。
そうですよね。安田の投入は 橋本を下げないのも 貴章、播戸の投入が遅すぎるのも ですよね。
そりゃ、監督がその時点で間違ったことをやっている意識はなかったと思うけど、結果は結果ですから。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメント

  • ゆりべー  On 2008年2月23日 at 22:02

    おつかれ
    貴章
     
    貴章がでてから 
    テレビに向かって叫びっぱなし
    10分では貴章のよさはわからんよ。
    岡田 そこんところ よろしく
     
    次 jで結果だせよ 貴章

  • なごやん  On 2008年2月24日 at 08:36

    ゆりべーさん
     
    貴章、国際映像では結構画面に登場していましたね。
    現場での状況は現場の人しかわからないのでしょうけど、私が監督なら、山瀬が得点して少し経った時間帯に山瀬を残して橋本と田代を下げ、貴章と播戸のダブル投入をしたかもしれません。
    田代は昨日イマイチだったですから。
    交代が遅すぎますワ。
    と、「ニッポン チャチャチャではない」と言いつつ、日本がどうやったら勝てるかと考えてしまう自己矛盾なごやんです。
    >次 jで結果だせよ 貴章
    とりあえず新チームメイトとのフィッティングですよね。
    J-STEPで十分とけ込んでもらいましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。