やっぱりね

 
今日、新潟ではホームゲーム運営意見交換会サポーター決起集会等がありました。
参加されたみなさん、お疲れ様でした。
今季も張り切って応援していきましょう!
 
さて、JFAでは今日、大きな動きがありました。
中国遠征メンバーの参加選手変更です。
MF阿部(浦和!)が外れDF安田(G大阪!!!!!!)が入ります。
FWでは巻と大久保が外れ田代が入ります。
ニャッと笑うオジェック監督、歯ぎしりする西野監督が目に浮かびます。
 
阿部、安田と大久保は私の想定外でしたので(ただし、これには岡田イズムが色濃く反映されていると思います。)、巻についてチョコット書きたいと思います。
 
以下は上記の発表がある前に下書きしておいた記事です。
———————————————————————————–
FW巻の怪我について
 
テレビで日本代表×ボスニア・ヘルツェゴビナ代表の試合を見、巻選手の負傷に遭遇してからずっと疑問に思いつつ予測原稿を書き(新聞記者みたいだ!)、「下書きとして保存」していましたが、公式に中国遠征離脱の発表があったため、一部改変し、アップします。
下書き段階では巻が選出→離脱ではなく、最初から選出されないというストーリーでした。この点は予測が外れました。
 
まず、テレビでその場面を見た時の私の感情:
   ぅわっ、肘が、あ゛~~っ、肋骨だ~~~。大丈夫か!?
   こりゃ、交代だな。でも、こういう試合で怪我したらかわいそうだよ。
   骨折していないとしても、タイ戦には大事をとって欠場した方がいいよな。
 
で、その後のモヤモヤした気分につながりました。
 
事実経過
1.この写真(クリック )でわかるように、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦で負傷した巻が押さえているのは明らかに胸部であり、腹部ではない。
2.従って、肋骨骨折の可能性は当初から予測され、その目で検査もした。
3.それにも関わらず骨折の確定診断は得られなかったとされる。
4.その後も練習を続けW杯予選タイ戦には途中出場した。
5.東アジア・・・に招集された。
6.その後再検し、肋骨骨折が確認されたとされる。
7.中国遠征を辞退した。
 
これらからの疑問点です。
疑問点1.当初は本当に骨折が確認されていなかったのか?
疑問点2.巻が痛がっているのは胸部であるにもかかわらず、あくまでも「脇腹」で通したのはなぜか?
疑問点3.今の時期に改めて「骨折が確認された」と発表したのはなぜか?
疑問点4.現在は本当に骨折が確認されているのか?
 
私は仮に次のように考えてみました。
・肋骨骨折は「ひびが入っている」程度だと、診断困難なこともあり、始めに確定診断ができなかったのは仕方ないかもしれない。
・肋骨骨折の疑いを抱きつつも重要なFWである巻をタイ戦に帯同させ、途中出場させた。
・そのため、(わかっていながら)腹部の痛みということにし、肋骨から意識を逸らせようとした。
・しかし、やはり、痛みの部位が腹部ではなく胸部であることは変わりない。
・そこで、初心に帰り、肋骨骨折を疑った方がよいと判断した。
・もし骨折だとしても、今からきちんとした対応をすれば、バーレーン戦には間に合うと判断した。
・そのためには中国遠征から外した方がよい。
・そこで、改めて診察を受け、(レントゲン所見等は当初と大きく変わらないものの?)、他の症状等から肋骨骨折と診断した。(診断させた。)
 
以上、ゴチャゴチャ書きましたが、簡単にまとめると
当初:レントゲン所見上骨折が見いだせない骨折はない頑張らせよう出場可能(骨折ではなかった)
現在:レントゲン所見上骨折は明瞭でないが受傷状況と症状から骨折を疑う大事をとろう遠征離脱(骨折だった)
というこうとです。
 
もうひとこと、一定度の偏見を持って付け加えると、当初は骨折を疑ったけど「骨折は見出せない」と判断し、今は多分骨折はないだろうけど「骨折の疑いがある」と判断したとするのは言いすぎでしょうか?(両方とも虚偽ではありませんし。)
いずれにせよ、Doctor’s dicision is final. (レフェリー、ではない、医師の決定は最終である。)です。・・・かなぁ?
 
巻は岡田ジャパンにとって最も信頼のおけるFWの一人かもしれません。
勘ぐれば、「巻は主要な試合には使い、そうでない時には少し休ませよう」という心が働いたのではないかと思ってしまいます。
肋骨骨折というだけで巻が不測の事態に陥ることはないでしょうが、選手の健康を考えれば、当初からきちんと手当しておくべきではなかったのでしょうか?
日本が勝つことと、選手の健康と、どちらが大切なのでしょう?
それまでして、巻を使わなければ、あるいは巻に肩入れしなければならなかったのでしょうか?
それとも、今回の一連の動きは巻も了解してのことなのでしょうか?
 
これ以外に今日発表された遠征メンバーの変更の裏には岡田監督の意向がかなり働いていると思ってしまいます。
阿部も大久保も、中国に行けないほど怪我の状況が悪いんですね。
 
私の信奉するイビチャ・オシム氏なら、こんな甘ちょろい判断はしないでしょう。
なぜなら、彼は激動の東欧を生き抜いてきた闘将だからです。
物事をもっとシビアに見ます。
 
今後の巻の行動、岡田監督の言動を観察していきましょう。
 
それにしても、これからまた「怪我人→中国遠征離脱」が出るな。
 
———————————————————————————–
 
千葉ちゃ~ん、米国遠征メンバー選出おめでとう!
 
反町ジャパン、久しぶりの招集ですね。
代表に定着するようがんばれ-
 
でも、貴章が抜け、千葉ちゃんが抜け、アルビ本体、だいじょうぶかなぁ?
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメント

  • ゆりべー  On 2008年2月9日 at 21:47

    さすが
    なごやんさん
    そこまで 読みましたか?
     
    私は 当初 本人も岡ちゃんも骨折はわかっていたと思っています。
    試合で彼が怪我での途中で交代は今までないから。(頑丈だけがとりえの彼ですから)
    また 彼の周りに人の話だと 相当の痛みをこらえていたと 話しているからです。
    タイ戦にどうしても彼を使いたかったから 今まで秘密にしてたんだと思いますよ。
     
    そして もう一人の彼も 埼スタの最前列でもう一人の彼を観てました。
    素人目にも明らかでした。
    どうして?
    明らかに ボールがおさまりません。
    すぐに倒れるし、
    今までの実績がそうさせたのでしょうか?
    どうしても 勝たなければいけないが その起用なんですか?
    岡ちゃん どうなの?
     
    家の子のこと考えてくれてるんだろうね。
    ゲガさせたら承知しないよ。
    家の宝なんですから

  • なごやん  On 2008年2月10日 at 07:48

     
    ゆりべーさん
    おはようございます。
     
    >私は 当初 本人も岡ちゃんも骨折はわかっていたと思っています。
    私はそこまでは疑っていないんです。
    「骨折かもしれない。でもレントゲンで骨折線が見えないというんだから、まあなんとかなるか。」程度じゃないですかね。
     
    >そして もう一人の彼も 埼スタの最前列でもう一人の彼を観てました。
    そうですか。これは現場にいないと気付かないかもしれませんね。
     
    私は岡田監督に対して以前から不信感(多分偏見だと思います~直に付き合ったわけではありませんので)を持っていますが、監督の「中国では控えメンバー中心で戦う」という発言で一層強まりました。
    もちろん、今回のドタバタは、本当に怪我のためでやむを得ないことかもしれませんが、監督たるもの、協会たるものはそこまでちゃんと読むべきでしょう。
     
    まあ、その辺についてはもう少し様子を見てから発言します。
     
    ただ、ゆりべーさんも心配しておられるように、後日「坪井選手の決断は正しかった」という評価にならないことを願っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。