カタール国際トーナメント準決勝

カタールU-19国際親善トーナメント準決勝で、日本中国と対戦しました。
試合は1月28日22時(日本時間)にキックオフされました。
日本は前半17分に先制されましたが、33分に同点に追いつき、1-1で折り返しました。
 
後半に入り、31分に中国選手に一発レッドが出て日本は数的優位になります。
しかし、どうしても得点が入らず、そのままタイムアップ。
勝負は延長戦に持ち越されました。
 
そして15分の延長前半終了間際、ついに日本が勝ち越しました
延長後半は両チーム無得点で試合終了。
日本が逆転勝利です。
30日は決勝。
相手はこれから決まるウズベキスタンか、ポーランドか?
楽しみに待ちましょう。
ううう、眠っ。いつもの1時間半遅れの就寝だ。
—————追記—————
ウズベキスタン×ポーランドは、結局、ポーランドが後半13分に入れた1点を守り勝利しました。
決勝は日本×ポーランドです。
ここまできたら、予選リーグの雪辱を果たし、一昨年同様、最後は優勝で飾ってほしいものです。
 
安藤氏のレポートによれば、浦田延尚の同点弾、鈴木惇の逆転弾で勝利しました。延長では日本が圧倒的優勢に試合を進めていたようです。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。