Monthly Archives: 10月 2007

勝てた試合だったよねぇ

 
10月27日のスワン参戦に際し、ご協力いただいた多くの方に感謝いたします。
 
また、何人かの方に大変ご迷惑をお掛けしたことをお詫びいたします。
 
私のいつもの起床時刻は5時15分で、土日は全く自然に任せるため、大抵は7時少し前です。
今日は初めての新潟遠征とあって、目覚ましは5時50分にセットしておいたのですが、5時08分起床! まるで小学生の遠足や運動会の日です。
 
地下鉄の乗り換えに2分、東海道新幹線への乗り換えに16分というまあまあうまい連絡で7時18分発ののぞみでまずは東京へ向かいました。
東京駅着が9時00分。そして上越新幹線の21番線へ行くとMaxとき313号がドーンと構え、隣のホームには東北新幹線はやてが出発待ちをしていました。
このツーショット、絵になりますねぇ。
Maxとき313号は東京-新潟ノンストップです。
 
今日の仕事は第一にアルビレックス新潟の応援ですが、もう一つは浜松から来る「矢野貴章君を応援する会」(以下、貴章の会)の人たちの席を確保することです。
現地サポが抽選に参加してくれるので、その後の席取りをしなければなりません。
で、電車がいよいよ新潟にちかづいてきた頃、そのサポからメールが入り、「いい順番が取れたから1層目が余裕でとれるよ。」とのことで、バスで新潟へ向かっている貴章の会と連絡を取り、その線で調整しました。
 
10時49分、新潟着。やはり雨。
予定していたレンタサイクルは中止し、シャトルバスでスワンへ行くことにしました。
さすがに、この時間帯のシャトルバスはガラガラです。
雨の中、バスがスワンにアプローチすると・・・
おおおお~~~~、これがビッグスワンだ! デカイしあの姿は写真より美しい!!
味スタなんかも大きいといえば大きいのだけど、何の変哲もないスタジアムですからね。
いや~、これを見るだけでも来てよかったよぅ。
 
雨の中、待つこと約30分、入場してNスタンド1層、最もバックスタンド寄りの屋根の下に貴章の会の席を取り、現地サポが夜なべして作ってくれた貴章のジャケット付きティッシュペーパーを椅子の上に並べました。
私の席はいつものサポ仲間にお願いしておきました。
座っての応援では落ち着かないですから。
 
浜松からのバスは予定を約1時間遅れ、14時頃にようやく到着しました。
とりあえず座席へ案内し、一段落したところで、私は中心部へ移動し、いつものように応援しました。
やはり、ホームの声は大きいです。単に人数が多いというだけじゃないですね。
 
試合経過はいつも通り省略。
相手の拙攻に助けられた場面もありましが、ウチは決定的なチャンスを少なくとも2回逃していますよね。
勝てたなぁ、今日は。
 
で:
貴章、ボールに触れろや!
  エジゴールにつながる切り返しはよかったけど、なんせ触わらんことにゃシュートはおろか、パスもできんテ。
エジ、ボール持ちすぎ。
  後半、相手は足が止まってたし、ウチも決定力に欠けて焦る気持ちはわからないわけじゃないけど、パス出す勇気も持てよ。
シルビーニョの調子が戻らないね。
  今日は存在がよくわからなかったよ。
相手をフリーにさせすぎ。
  もう、何度肝を冷やされたことか。
 
でも、1点とられたくらいじゃびくともしなくなったのは成長した証拠ですね。
パスはミスもあるけど、基本的にはつながっているし。
 
試合終了後、サポ仲間はナントカ会でしょうが、私は一応、今日中に帰った方がよいので、またシャトルバスで新潟駅へ戻りました。
多少の渋滞はありましがが、まあ順調に駅へ着き、予定より1時間早い新幹線で帰宅できました。
 
新潟駅に降り立ったのは何十年かぶりのことでした。
街の人の話すことばも共通語化してきていて、寂しい気持ちにもなりました。
また、スタジアムで貴章の会の場所取りをしている時などに初対面の人に「ブログを見ています。」とか言われたりして恐縮していしまいました。
こんな程度のブログですので、大したことは書いてないんですけどね。
 
本当は万代橋を渡り市街地へも行きたかったし、白新線で郊外へも出たかったのですが、日帰りではそれもかないません。
来年はもう少し余裕を持って行く機会を作りたいと思っています。
 
次節はまたホームです。
きっちりと勝ち、それも含め、残り4試合を全勝で乗り切りましょう。
—————————————————————
削られる男
 
帰宅してテレビをつけたら、NHK総合テレビのスポーツタイムでJ2の結果を報道しているところでした。
その後、少し違った角度から選手を見る特集があり、この日のテーマは「削られる男」
そしてその選手はアルビレックス新潟矢野貴章!
相手陣営深くへ切り込み、難しい角度からシュートを放つ貴章が相手チームの厳しいマークに会い、被ファール1位(88)にあることについての貴章へのインタビューを交えた検証、解説でした。
相手から警戒される貴章。怪我をしないよう頑張って欲しいものです。
見落とした方、大抵、28日のどこかで再放送があるような気がします。もしかすると早朝かも。
 
広告

ロスタイム・・・orz

 
21日には東京で仕事があるため、一旦宿に荷物を置いてから等々力へ行った。
六本木から川崎へ行くというのに、地下鉄→東横線のつなぎの光景はずーっと連続していて、県境を感じさせない。
まさに「首都圏」という言葉がピッタシだ。
名古屋に住んでいて、中央線で多治見へ入ると、はっきり「岐阜県」という感覚が伝わってくるのに。
おかげで14時頃にスタジアムに着く予定だったのが、30分も早く到着してしまった。
 
スタジアムへ入ってすぐに焼きそばを食べる。
まあおいしい。日本平スタジアムの次くらいかな?(もっとも、その時のおなかのすき具合にもよると思うけど。)
 
試合は現地で、パブリックビューイングで、あるいはテレビで見た通りなので、細かくは書きますまい。
 
私なりのまとめは:
①細かくつなぐパスはそれなりにうまくいっていたようだ。
②マルシオのフリーキックからのゴールは見事だった。アウェー磐田戦の再現だった。
③中村憲剛をフリーにさせすぎた。ちゃんと彼らしくフカす場面もあったが、決められる時に決められてしまった。
④ロスタイムでの戦術がよくわからなかった。と言うか、疑問だった。勝ちにいこうとしていたのかもしれないが、今日の流れからは勝ち点1に甘んじる勇気も必要だった。
⑤川崎の3点目(ジュニーニョ)はなんとかならなかったのかなぁ?
⑥負けはしたけれど、試合内容は悲観的とまでは言えない。次節につなげる。
⑦応援は結構よくまとまり、声も出ていた。サポの数はメチャメチャ多かったわけではないが、選手を鼓舞することはできたと思う。
今、チョコット気づいたのはそんなところ。思いおこすと色々浮かんでくるが、まあゴネゴネ言っても仕方ないし。
 
試合後、いつもなら日帰りで早々に帰るところだが、今日は東京泊のため武蔵小杉で行ったサポ仲間との残念会に参加した。
私の泊まるところは半公的なホテルなので、ネット接続ができるかどうか疑問だった。
まあ、TVも地上波だけでBSは入らないだろうから、ネットは無理だよ、と全く期待せず部屋に入った。
予想通り、というか、TVはBSどころかUHFも入らない、今時珍しいシロモノで、ましてやネット社会とは全く別世界であった。
 
で、仕方なく漫喫へ出向いて、このブログを書いた。
うーん、自分のPCでないとキーを打つのに時間がかかるワ。
 
さっ、27日は気持ちを切り替え、ホーム磐田戦に臨もう。
初スワン、応援頑張るゾ!
 

ここは関西だった

 
今日は当初4時間取る予定にしていた時間休を2時間に短縮し、新幹線を大奮発して大阪へ行った。
近鉄のノンストップアーバーンライナーは1時間に1本なので、いざとなるとやはり新幹線は便利だ。
 
新大阪駅でタコ焼きを買って行ったのだが、それでもキックオフより2時間以上前に長居に着いた。
まあ、急ぐことあるまいと思いつつスタジアムに入ると。・・・もう席があちこちで確保されていて、なかなか見つからない。
メインやバックはガラガラなのだが、やはりそこはホームゴール裏自由席。
なんとか空席を見つけとりあえず腰掛ける。
席取りをしていた連中が少しずつ集まってくる。
で、気が付くと、その場所はコアサポのすぐ横。右となりのブロックにはタスキが張られる。
私の周辺をグルッと見渡すと、みんな私とはあまりにも世代が違いすぎる。中心は明らかに神戸サポ。
平均年齢は明らかに20代前半。
私一人ではとても平均年齢を上げることができない。
私の左横の一群はガンバサポ。
話の内容が明らかにガンバだ。
でも、はっきり言って話のレベルは低い。プレー内容ではなく、格好いいとかなんとか、そんな話ばかり。
 
居辛いなぁとチョコットは思ったが、そこは年の功とういかずうずうしさというか、その場に居座ることにした。
 
背番号は16、21が目立ち、子供達は圧倒的に10。
ガンバのユニ着ているやつもいる。・・・そりゃ、青いからいいわな。
20なんて私だけ。
まあ、いいでしょう。
あらゆる意味で私は異質。まあ、いいでしょう。
 
試合内容は、現地、テレビでご覧の通り。
 
はい、大久保の1点目、ミドルシュートは見事でした。
 
ゴールが決まった後は「嘉人ゴール」の大声援(ポパイ・ザ・セーラーマンというやつ)。
唱和せず黙秘する私。
第一、あんなダサいチャント、よう恥ずかしくもなく歌うよ。
 
加地のゴールの時なんか、キャーッ!だかギャーッ!だか、つんざくような周囲のお姉ちゃんたちの絶叫。
加地ゴールの時もチャントがでたけど、これもなんかなぁ。
 
こうやってみると、アルビの選手チャントは結構いいね。
北野だって、野澤だって、千代反田だって、貴章だって・・・
格調高いよ。
 
日本代表戦「観戦」(敢えて参戦とは言わない)はこれで3度目だが、雰囲気がこれまでと全く違った。
 
日産スタでのペルー戦はアウェー(ペルー側)ゴール裏だったせいもあるが、まあ、落ち着いて「観られた」。もちろん腰掛けて。
エコパでのモンテネグロ戦はホームゴール裏だったが、腰掛けて、そこそこ落ち着いて観ていた。周囲もそんなもんだった。
 
今日は、立って手を叩いて声を出して、Jリーグの応援と変わらなかった。
ただし、気合の入り具合は全く違うが・・・
 
後半、5~10分くらい過ぎた頃から日本ベンチ横では何人かの選手がウォームアップを始めた。
貴章もいたようだ。
しかし、選手交代で呼ばれたのは今野、藤本、橋本。
まあ、親善試合で、いろいろな選手の動きをみようとすれば、納得の交代だが、私は残念。
 
周りからは「播戸出せよ!」コール。
 
まあ、結果としては日本の圧勝で終わり、私はすぐにスタジアムを出て地下鉄へ走る。
もう既に一杯の人。
「おーい、ちゃんと試合が終わってから帰れよ!」と心の中で叫びながら、とにかく走って、走って、走って、地下鉄へ。
ここで走るか、一電車遅らせて新大阪駅の乗換えで走るか。後者だと乗り遅れたらアウトだからね。
てなことで名古屋行き最終のぞみには余裕で間に合ったのだが、新大阪駅の売店はすべて既にクローズ。
 
むなしく、自販機で缶コーヒーを買い、車内では数独をやりながら帰ってきた。
 
てことで、風呂、メシで寝ることにしよう。
反町ジャパンもみたいところだが、風邪をぶり返すといけないので、無理しない方がよい。
 
おやすみなさい。

エジプト戦

 
日本サッカー協会は10月13日、AFC アジア/アフリカチャレンジカップ2007の日本代表メンバーを発表しました。
 
貴章
 
日本代表選出おめでとう!
 
10月17日、19時30分、キックオフ。
平日なので、午後、4時間の時間休を取り行ってくる予定です。
ううう、サムライブルーの初着用だ。
帰りは近鉄の最終が出てしまっているので、新幹線を使うしかないです。
それでも、地下鉄長居駅までお決まりの全力疾走ですよ。
 
貴章、出場したら結果出せよ!
 
オールスター戦の時みたいに関西枠のやんちゃ坊主にヒーローをさらわれるなよ。
 
うっ、でも花粉症だと思っていたら風邪ひいたみたいだ。発表待つ必要なくなったし、今日は早く寝るしかないな。17日に差し支えるから。
 
 

フゥ、とにかく勝った。

 
3連休の初日、昨日までスワンへいこうかどうか迷っていたけれど、踏ん切りが付かず家にいた。
こちらではスカパーを除き中継がないし、仕方なくネット応援の準備をした途端に急用ができてしまった。
そんなワケで、途中経過を追うこともできず、用事が終わって帰る直前、17時にJ’s GOALでとりあえずアルビの勝利を見届け帰った。
 
帰宅後、日刊スポーツやらニフティーやらながめると、最後まで苦労したようだ。
守る相手に手こずるのもアルビの特徴だもんなぁ。
 
ロスタイムもロスタイム、終了間際にエジのゴール。
それでもまあ、勝ててよかったよ。
 
大分の慎吾じゃないけど、今は勝つことが大事だからね。
日刊スポーツにはアシストが書いてない。
ニフティーは貴章になっている。
MSNのアルビサイトには「三田のグラウンダーのクロスをシルビーニョがヒールで流して矢野がスルー。中央のエジミウソンにボールは通り、落ちついて右足で押込んだ。」と書いてある。
どうだったんだろう?
 
まっ、とにかく勝利だ。久しぶり~っ。
 
とりあえず乾杯します。
 
現地応援のみなさん、お疲れ様でした。
久しぶりの祝杯ですね。
——————————————————-
後でわかったことですが、千葉ちゃんがステロイドを含む「強力ポステリザン軟膏」を事前申請なしに使用していたため、大宮戦を欠場したそうですね。
これがドーピング禁止規程による禁止物質であることは理解できるのだけど、ステロイドを含む薬は私の周りにも一杯ありますよ。
蚊に刺された時に塗る、その辺の薬局で買ってきたホニャラカSという塗り薬、しょっちゅうできる口内炎に使う軟膏、春と秋の花粉症の点眼薬・・・
そりゃぁ、塗り薬でも眼薬でも皮膚や粘膜から体内に吸収されますからね。
厳しいけどしょうがないかな。

貴章代表ユニ

 
9月30日、浦和から帰ると、新聞受けに宅急便の不在連絡票が入っていました。
翌、月曜の夜、頑張って早く帰宅し、最終便で受け取りました。
 
日本代表ユニ(もちろんレプね)です。
アルビショップにはMサイズが残っていないので、通販で買いました。

もちろんJFA公認、30%オフで 7,276円。二桁ナンバー+選手名取り付け 4,725円、送料+代引き手数料 420円。合計 12,421円。まあいいんじゃなぁい。

ナンバー20、選手名YANO
サインはまたいつかしてもらうことにしましょう。
 
小学校の家庭科を思い出しつつ右袖にがんばろう! 新潟」ワッペンを縫いつけました。
数年前、「新潟米」を縫いつけたし、これまでのワッペンも自分でやってきているので大分慣れてきたけど、今回は針で指を刺して出血し、ユニの一部が汚れてしまいました。(2カ所表裏を間違え糸が見えてるけど、じっと見ないと気がつかないから大丈夫。 我ながらよくできました。)
 
貴章もだんだん代表に定着してきているし、代表戦に行く機会があれば着ようと思っています。
できれば、今月17日に初着用したいですなぁ。
オシム監督、貴章を呼んでくれ~。
その前に、貴章、結果を出せ!
 
↓手縫いワッペン付き貴章レプユニだよん。